損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/5 下げはじめか
日経平均、ちょっと下げが始まったかなあ、
と思われる兆候が出てきました。
普段は、あまり参考にしてはいませんが、MACDです。
6/27からずっと、上昇の方向にあったMACDが、
今日は微妙に凹んできたのです。

ひょっとすると、期待に反して、
ここらあたりで反転下落してしまうかもしれません。
下げるとすれば、大きく下げる可能性もあるので、
売りのチャンスにはなります。
昨日も書いたように、今週は、毎日がチャンス待ちの日です。

下げが来たときには、
すぐに出動できるようにしておきたいものです。
毎日の動きの中で、あてが外れてしまう個別銘柄も
たくさんありますが、めげてはいけません。
同じようなのをたくさん見ておいて、仕掛けられるものを、
すぐにでも引っ張り出せるようにしておきたいです。

コレがだめならソレ、ソレもだめならアレ・・・
という具合に、次々と候補銘柄を当たれるように、
頭の中に準備していてください。

普段からやっているならば、特別なことは要りません。
毎日個別銘柄を、ざっと見ておけばいいだけのことです。

毎日、何度も何度も日経平均を見て、
一度か二度は業種別のチャートも見て、
そのうえで個別銘柄を見ておけば、
個別銘柄ごとの個性はすぐにつかめます。
日経225銘柄を毎日一度、瞬間でもいいから見る、
などと決めておけば、さらに有利になります。

仕掛け準備は、最終的には個別銘柄でやるのですが、
準備段階では、できるだけ大きな視点から眺めておくことです。
個別銘柄だけを見ていても、傾向や個性はつかめません。
全体の流れを見ているからこそ、
その銘柄固有の動きがわかるのです。

今だってそうです。
こうやって、日経平均が下降相場にあるのに、
グーンと上昇してる銘柄も数多くあるのです。
そういう銘柄を見ると、どうしても買いで仕掛けたくなります。
でも、大きな視点から相場を見ていれば、
それが、とても損なことがわかります。

今の状況の中で、わざわざ、買いで仕掛けることは、
河の流れに掉さすことです。

それが、絶対に必要なのかどうか。

一過性の考え方で相場を見るのは、
長い目で見て、必ず損をする・・・ものです。

イメージだけでは、その場だけでは、長持ちしません。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1636-ac6b9db1
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック