損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/6 仕掛けたら見ないスイング
いよいよ、下げました。
とはいえ直近安値を割るほどではありません。
むしろ、いったん下げた日経平均株価は、後場には戻していきました。

下げるときは早いですが、大きく下げた後の上昇も早い。
そういう乱高下気味の相場です。
せっかく仕掛けて含み益が大きくなっても、
すぐに元に戻ってしまい、場合によっては損切りになってしまう。
そういうことも考えうる展開ですね。

デイトレならば、行って来いで下げも上げも利益になるのに、
スイングだと、±ゼロになってしまいます。

それでも、いつも通りに行きましょう。
何も変えてはいけません。
我慢すべきところは我慢なのです。

スイングの場合は、仕掛けたその日は何があっても仕切らない、
というルールも可能です。
私の場合は、そうしています。

損切りのポイントは決めておいたとしても、
仕掛けたその日はおとなしく、その銘柄の情報は放っておきます。
そうしないと、仕切りの触手がどうしても動いてしまいます。

このルールだと、
無駄に損が膨らんでしまうように思うかも知れません。
そういう時ももちろんあります。

でもそうでない時もあります。
その日は乱高下するけれども、翌日からは、
もともとのトレンドにしっかり戻るのです。
スイングのトレンドをとらえるのは非常に難しいことです。
ですから、仕掛けたその日は我慢しておくのです。

分足の乱高下は、スイングでは無視です。

精神的には非常にきついですが、
そこに例外を作ってはなりません。
例外を作って、自己裁量の部分を大きくすればするほど、
おそらくはトータル利益からは遠ざかるはずです。

仕掛けたら、その日は見ない。
そして、それを繰り返す。
これも、スイングの基本的な約束です。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1637-e8b3561a
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック