損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/11 待ってましたの状況
日経平均は、大きく上昇です。
考えていたよりもすんなり上げました。
もう少し苦労するかなと思ってました。
下降相場にも関わらず寄り付きからすんなりです。

しかし、きちんと止まるべきところで止まってます。
25日移動平均線がしっかりと壁になりました。
とても意識されているラインであることがわかります。

実は直近高値を少し抜けましたので、
一応、短期的ながら、波動の上昇でもあります。
ただ、今回はユーロ離脱の大陰線があるので、
今は全てこの陰線の範囲内のこと。
波動も単純に上昇とは見ない方がいいと思います。
この間の上げ下げは、下降波動の上昇過程だと捉え
るのが妥当かと。

いよいよ、上げるところまで上げて来ました。
さあ、空売りチャンスの到来です。
75日線までの上昇がないとは言えませんが、
まずはチャンスの認識でよいと思います。

で、具体的にどうするか?

明日のローソク足をまずはしっかり見ます。
できれば明日のローソク足が、うまいこと、
間に25日線があるような足だとバッチリです。
さすがに、長い足だとまた様子見になりますが、
短い足なら、明後日その足の安値割れで仕掛けです。

以上のようなシナリオが成立しそうな個別銘柄を
探します。
そして、安値割れで逆指値注文です。
(指値注文でなく逆指値注文です。
くれぐれも。)

日経平均と同じ方でなくても下げの形のチャートならば
狙います。
下向きの75日線に絡んでいるような銘柄なら、
さらに好都合です。
積極的に行っていいと思います。

仕掛けの時は、
必ず損切りポイントは決めておいてください。
それで損失幅の限定ができればいいのです。
損切りポイントは、先の例でいうなら、
仕掛けの前日足の高値抜けです。
あるいは、25日線でもいいでしょう。

上手に波に乗れればいいですが、
ダメなら撤退です。

仕掛けの時には、「さあまた、きっちり損切りだ。」
というくらいの気持ちです。
積極仕掛けの時には積極損切りです。

頑張っていきましょう。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1642-9bfc27a1
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック