損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/24 全体戦術の必要性
トレードは、数本のローソク足の形だけを見て、
その時々の仕掛けの売り買い戦術を決めるわけではありません。
まずは、相場状況全体の大きな流れの方向を見て、
そのうえで自分の売り買い戦術のスタンスを決めます。
そこで、ニューヨークダウや日経平均の動き情報が、
決定的に重要になるわけです。

個別銘柄だけを追いかけていると、
全体の方向が、なんとなくしか感じることができません。
どんな個別銘柄を仕掛けるときも、全体状況、流れを見て、
その仕掛けが有利な仕掛けなのか不利な仕掛けなのか、
見極めてから仕掛けるのがいいのです。

そして、その全体相場の状況や流れの方向を見るときに
とても都合よい指標が、移動平均線であり、波動です。
あるいは、補足指標としてのボリンジャーバンドやMACD、
一目均衡表も、全体状況を知るのに役立ちます。

中でも、75日移動平均線は、相場の大きな流れを見るための
最重要にして不可欠のラインです。
このラインがあるチャートと、ないチャートでは、
もう全然、相場状況を捉えるスピードが変わってしまいます。
75日線と株価の位置を見れば、今の相場の状況は3秒でわかります。

日経平均を見るときも、
75日線と現在のローソク足を見れば、
買いなのか売りなのか、どちらでもない微妙な状況なのか、
すぐにわかります。
ニューヨークダウでも同じです。
ローソク足のさまざまな特徴や形は、いくら覚えたところで、
大きな相場状況の把握にはつながりません。
すべては、75日線の向きと株価の位置なのです。

日足のチャートには、75日線が必ず表示されるように
セットしておきましょう。
表示の仕方は、なんとしても調べてください。
75日線が表示できないチャートの仕様なら、そのチャートは不要です。

75日線は、相場全体の状況や流れをつかみ、
今は売りなのか買いなのか、あるいは仕掛けるべきではない、
といった全体の戦術を決めるための最強ツールです。

悩んだら、75日線の基本に返ってみましょう。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1654-26816196
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック