損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
8/8 日経平均がやはりカギを握る
今日の日経平均は大幅な上昇。
75日移動平均線をギャップを空けて抜けて寄付き、
そのまま」上昇、という強さでした。
75日線という最強のパーティションラインを、
ギャップを空けて抜けているのですから、
従いていくのがトレードの定石です。

このように、日経平均が強く上昇してしまうと、
どんな準備をしていようと、買いは買いです。
売りの形としてどんなに完成されていたチャートであっても、
これだけの流れを日経平均に作られてしまえば、
大河の大きな流れに掉さすボートのようなもの。
やはり上昇していってしまうものなのです。

個別銘柄の分析より日経平均の分析が優先される、
というのは、こういうことなのです。

それでも、任天堂(7974)はあまり動きませんでした。
今日も仕掛けにはつながりませんでした。

ということで、他の銘柄の出番です。

日産化学(4021)への対応は、難しかったかもしれません。
決算情報があったので、ちょっと乱高下しました。
大きなギャップを空けての寄付きでは、さすがに買えません。
でも、そこからの急落で、約定してしまった可能性はありました。
場を見ていれば、そんなことにはならなかったと思いますが、
前もっての注文だと、注文を外せなかったかもしれません。
いったん下げて以降は、金曜高値を抜けることはなかったので、
大丈夫だったと思いますが、
約定してしまった人がいたら、明日損切りの覚悟をしましょう。

横河電機(6341)、東宝(9602)は、
ギャップは空きましたが、いったんの下げの後の上昇で、
約定できたかと思います。
東宝の方は、含み損で終わっていますが、
横河電機の方は大きな含み益になっているかと思います。
どちらも、悪い形ではないので、
当面の損切りポイントは、直近安値である先週木曜の安値
においておきましょう。
当面の目標は、ボリンジャーバンド+2σかと思います。

一方、そういうわけで、
売りの銘柄は、まったくと言っていいほど出番はありませんでした。
売り銘柄も、この状況では買い銘柄に早変わりです。
まあ、こちらは、ちょっと様子見でしょう。

リオ五輪が開幕し、私などはどうしても夜中まで起きてしまいます。
暑い日が続く中、健康に影響する懸念もあります。
自分なりには注意しているつもりですが、
くれぐれも睡眠不足にならぬよう・・・ですね。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1669-e5d4b90c
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック