損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
8/12 高値更新のニューヨーク
日経平均の先生であるニューヨークダウ。
直近高値を抜けてきました。
これがどう日本市場に影響してくるか。
買い保持している側として、少しわくわくしてきます。

火曜日のニューヨークダウの足は、下降の足となりました。
あまり目立ったものではなかったとはいえ、
続いていた上昇の足が途切れたことで、
少し不安な気分にもなりました。
しかし、昨夜は切り返しの上昇。
ついに、直近高値を更新し、波動局面での上昇を成立
させてきました。

これにより、日経平均の方も直近高値の更新が
期待できる状況になりました。
直近高値が更新できれば、
こちらも、波動の上昇となってきました。
いったん、上昇相場に入ったと言ってよい状態になります。

しかし・・・

まだ、そうなると決まったわけではありませんので、
買い保持の楽観は禁物です。
保持銘柄に思いが入ってしまうと、
決めておいた仕切りに大きく影響します。

問題は、
「今回だけは●●しよう。。。」という妥協の自己裁量です。
仕切りでは、自分を信じてはいけません。

「●●すれば、さらに利益が増えることは確実・・・」
自分に有利な時には、そう見えるものです。
そして、実際に利益が増えることもあります。

しかし、本当にそうでしょうか?
トレーダーである限り、いつもそういう疑問を頭に入れておくべきです。

自分が当たり前だと思った時こそ、そうならない・・・
ということに、いつも苦しめられているんじゃなかったでしょうか?
それは、相場の宿命のようなものではないでしょうか?
特に、自分が信じ切っていた時こそ、逆に行くのでは?

期待するのもいいし、落胆するのもいいのですが、
仕掛けや仕切りは、それとは別の行動をしなくてはいけません。
別の行動といっても、要するに「いつもの行動」ということです。
いつもじゃない行動が、結局はじぶんを苦しめることになるのです。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1672-fc46a715
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック