損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
9/9 次はパーティション
今週もお疲れ様でした。
ニューヨークダウ平均と日経平均がそれぞれに反目にまわる展開で、
非常に読みづらかったと思います。
結局、日経平均は、反転することもなく、バンドウォークもできず
17,000円を抜けて終わることもできませんでした。

様子見を決め込んだのはよかったと思っています。
この展開だと、来週のシナリオも非常に難しいなあと感じます。
昨日から続く、下ヒゲの長いローソク足から見て、
来週は上昇するんじゃないかとか言う方もいますが、
それも一面的に過ぎると思います。
ローソク足で判断ができるなら、苦労はしません。
たとえどんなに下ヒゲが長くても、翌日下降することも
しょっちゅうあるので、難しいのです。

もちろん、そういう判断をするなとは言いません。
ローソク足の形も、十分サインになることもあります。
ただ、ほかにも目を向けないとシナリオは作れない
ということなのです。

そうしてみると、
来週は、下げもあるように感じますし、上げるようにも感じます。
ということは、何はともあれ、
一応は上向きの75日線の上で展開している日経平均は、
上昇相場にあるとみて、買いのスタンスを決めた後、
今の相場が、どこで反転上昇するかを見ていくことになります。

でも、実は、今日のローソク足も陰線ですが、上昇の形には
なっています。
昨日の足と比べて、安値は高く、高値も高いのですから。
上昇のローソク足が出ているのに、相場として上に向かっている
感じがないのは、もちろん、陰線だということもありますが、
やはり、パーティションに抑えられているように見えるからです。

そういう意味でも、来週は17,000円の抵抗線を
見ておいたほうがいいでしょう。
要は、17,000円を再び抜けて終わるのはいつか、です。
そして、その時が、買いのチャンスということになるはずです。

あるいは、どうしても17,000円のパーティションが強くて、
上昇できずに下降してしまうなら、
そのときは、日経平均が下降相場に入っていく可能性を探ります。

銘柄に走る前に、日経平均をしっかり見る。分析する。
どんな時でも、その考え方を忘れずにいましょう。

よい週末を。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1698-b658998f
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック