損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
9/24 ダマシは防げない
トレードでは、「ダマシ」という言葉をよく使います。
しかしながら、私は、このダマシの定義のようなものを
聞いたことがありません。
なんとなく、みんなが言うので私も使う、
というレベルのものです。

私の理解では、ダマシとは、ブレイクしたのに、
株価がその方向に伸びずに、反転して逆に行ってしまうこと。

それで、このダマシが、結構やっかいなのです。
私は、よくひっかかります。
複雑な話ではなく、ごく単純な話です。

私の場合仕掛けの時には、
いつも仕掛ける株価を決めています。
「●●円をつけたら●●円で買う」というように。

でも、ダマシがあると、その●●円がついた瞬間、
あるいは、その直後に、株価が反転して下がってしまいます。
誰かが意図的に、ブレイク下値をつけに行っているのか、
それとも、勢いのあまり値がついてしまうのか、
そこのところは私にもよくわかりません。
まあ、どっちの場合もあるのでしょう。

重要なことは、そのあたり、我々には見分けようがない
ということです。

ブレイクがダマシになるのかどうかだって、
前もってわかりようがありません。
というより、わかれば苦労しません・・・。
ダマシに関しては、結果論でしかないのです。

ただ、銘柄によって、ダマシが起こりやすいのかどうかは。
チャートを見ればわかることもあります。
ダマシは、見かけ上、「ヒゲ」という形で残ります。
だから、チャートにヒゲが多いチャートは、
ダマシが多そうなチャートということができます。
銘柄選別の段階で、ヒゲが頻繁に出ているチャートは、
ダマシが嫌なら選ばないことです。

ダマシに引っかかれば、損切りに合う可能性も高まります。
しかし、前もってわからないものを、必要以上に恐れても、
得るものはありません。

ダマシは結果論。

気にするなとは言いませんが、
避けられないものだと考えておいてください。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1710-88954816
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック