損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
9/30 スイングだけじゃない
ニューヨークダウが、前日の足を包む持ち合いの大陰線。
日経平均も大きく下落。
やはり乱高下。

こうなることが前もってわかっているなら、
何の苦労もいりません。
相場の批評は、いつも結果論です。
でも、大切なことは、次にどうするかです。

その意味で、今日のローソク足は、
あまり嬉しくはありません。
スイングで利益が出るような、トレンドを示唆するものが、
あまりないからです。
わかることは、まだまだ持ち合いの域を出ていない、
ということです。

今月も、すでに末日。
今月は、中旬ころから、めっきり持合い相場になりました。
その結果、スイングの仕掛けはしにくくなり、
毎日ブログで、「持合い」や「ダマシ」の話を繰り返すことと
なりました。

しかしながら、だからと言って相場に文句を言っているだけ
というのでは、何も前に進みません。
それならそれで、相場への対応の仕方はあるのですから、
できることをやっていくのがいいわけです。

ひとつは・・・
それでも個別銘柄をじっくりと眺め、
次のチャンスまでひたすらに待つこと。
これも、文句を言っているよりはよほどましです。
チャンスが来たときには、一斉に仕掛けに取り掛かれるように、
余計なことをせず、虎視眈々と狙っておくのです。

そして、もう一つが、スイングを捨てて、デイトレに徹すること。
デイとスイングは基本は同じでも、やはり違います。
デイのほうが素早い判断が必要なので、
それだけ難しいと思います。

ある複雑な事象に出会ったとき、
立ち止まって振り返って考えたうえで結論を出せるのがスイング。
結論を出すステップが体に染みついていなければ、
間に合わないのがデイです。

でも、デイトレは、仕掛けるチャンスはスイングと比べて
はるかに多いので、スイングに比べて何度でも繰り返しできる、
という利点もあります。
何度でも繰り返しできるということは、
それだけ上達も早いということです。

もちろん、分足にも持合いはあります。
日足と同じように、トレンドが出ているときより、
持合いの時のほうが多いかと思います。
しかし、1日に1回もチャンスがないということは
滅多にありません。
(さすがに、今日の相場は、その滅多にないほどの
 チャンスのなさだったかと思います。)

このブログでは、どちらかというとスイングトレードの側に立って
日々の相場を考えていますが、
スイングが難しいなら、デイトレで仕掛けていけばいいのです。

人によっては、デイトレは物理的にできない、
という方もいるかもしれませんので、スイング中心の方針は
変えるつもりはありません。

ただ、デイの仕掛けも、
少しづつ入れていきたいと考えています。

ご了承くださいませ。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1716-3fdb83fb
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック