損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
10/11 抜けたのかどうか
日経平均は、何とか17,000円を抜けて終わりました。
抜けて終わったというのは、強いということです。
明日以降は、この17,000円が支持線に変わる
可能性が出てきましたね。
あるいは、悲しい1日殿下に終わるのか。

今日のこの結果は多分にニューヨークダウの力だと
いう気もします。
もっと直接的にはCMEの影響です。
外からの力で、日経平均は高寄りしました。
ですが、大引けは自力です。
だから、まずは信じていいのではないかと思います。

ただ、これで「買い」でもありません。
9月の最高値が次の目標です。
そして、そこを抜けてこその上昇相場です。

相場は、常に冷静に。
スイングの目線だけではデイトレできないように、
デイトレ目線では大きな河の流れは見えません。
1日に何度も日経平均のチャートを見てみるのです。

人間の記憶力などたかが知れています。
私などは、特にダメで、何度見ても頭に入らず、
本当に何度も何度も頭に叩き込みます。
それはもう、お恥ずかしい位の頻度です。
それでもやはり、気になって見返すのです。

個別銘柄のチャートにしても同じです。
何度も見ます。
個別銘柄の場合は、チャートだけではありません。
信用残を見忘れているときなど、仕掛けの直前になって、
慌てて確かめることもあります。

どんなトレーダーでも、同じだと思います。
よほど、記憶力に優れた人でなければ、
一度見てすべてが頭に入るなんてことはないと思います。
「自分はバカなんじゃないか?」なんて疑問は日常茶飯事です。

でも、そんなことを気にしている間に、
大きな視点を持とうとすることを忘れてはいけません。
日々の相場を見ていると、ついつい・・・今日の動きだけ、
仕掛けたとき、仕切ったときの動きだけが、
頭に残ってしまうものです。
それを防ぐためにも、何度も何度も見るのです。

それを忘れたとき、おそらく、
トレーダーは失敗に近づくのだと考えます。
なぜなら、それが、相場に対する甘えであり、
高を括ってしまうことであり、怠慢だからです。
どんなに、毎日毎時間相場に接していても、
忘れないようにしましょう。

今日の結論は、もう一日見てみる、です。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1728-c5ae84d5
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック