損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
10/15 デイトレ序論(3)
相場の休日ですので、またデイトレの序論をやってみます。
これで3回目になります。

あくまで「序論」です。
「本論」ではありません。
手法やテクニックの具体的な話はまだ書きません。

デイトレの具体的な手法は、
まずスイングの具体的な手法の理解があってこそ、
だと考えています。
いきなりデイトレをやるのは、私には疑問があります。

私の理解では、デイトレのほうが利益が大きく取れる、
なんてことは決してありません。
利益を取るという意味では、スイングのほうがはるかに
優れています。
なのに、デイトレのほうが有利だというようなイメージを
持っているなら、それはトレードに向かう者として、
非常に危険なイメージだと思うのです。

そのイメージのまま、デイトレに突っ込めば、
必ず大きな失敗をしてしまうとすら思います。
なぜスイングなのか、そこのところが理解できるように
ならないと、そもそもトレードの本質がわかっていないことに
なると思います。
トレードの勉強は、まずスイング・・・なのです。

したがって、デイトレの「本論」を語るには、
まず第1章で、スイングの基本を語ることになるのです。
スイングの基本というより、短期トレードの基本です。
日足を中心とした相場のとらえ方、チャートの読み方、
それがわからなければ、分足の理解などできません。

世の中には、デイトレだけでも大きく稼いでいる方は、
いくらでもいます。
でも、その方々は、私はスペシャリスト(職人)だと
思っています。
リバウンド狙い、ストップ高はがれ、スキャルピング・・・
そうしたデイトレ特有のテクニックにきわめて長けた、
ある意味、神業に近いテクニックを持った方々でないと、
デイトレだけでコンスタントには稼げません。
私には、自分ができないので、その領域はよくわからないのですが、
おそらく一子相伝とか、奥義みたいな話であって、
決して一般のトレーダーの学び材料にはならないと
思っているのです。

前置きが長くなりましたが・・・
今日、序論として書きたかったのは、
シミュレーションの大切さです。

デイトレは、スイングをその基盤としながら、
スイングとはまた違う性質を持っています。
なので、デイトレを始めようと思ったときには、必ず、前提として、
しっかりとしたシミュレーショントレードをやってください。
これは、もう、絶対に必要なことです。

「お金がかかっていないと、どうしても本気にならない。
だから、シミュレーションには意味がない。
デイトレには緊迫感の中でどう動くかが大事なので、
お金のかからない練習など、練習にならないのだ・・・。」

私のトレード学校でも、こんなことが言われていました。
学校だけでなく、いろいろな本にもそんなことが
書いてありました。
その時は、その話に納得もしていました。

でも、自分がやってみて、思い直しました。
練習にならないなんて、そんなことは絶対にありません。

お金がかかっていなくても、緊迫感に不足があっても、
練習にはなります。
というか、練習というのはそういうものです。
お金がかかるなら、それは練習ではなく本番です。

たとえば、どんな企業でも新商品を出すときには、
発売を宣言する前に、テストマーケティングとか、消費者調査とか、
いろいろなことをやっています。
それらは、意味のないことでしょうか?
そんなことはなくって、意味があるからやっているわけです。

どの程度の可能性があるのか、
本当に考えていた通りになるのか、
誰だって感触を確かめたいと思いますし、
その結果によって、方向を修正したりするものです。
いきなり、新発売したのでは、失敗したときに大きな
リスクを背負ってしまうわけですから、
しっかりした企業ほど、テストはとことんやるものだと
私は思います。

また、練習試合をやらずに本番の大会に挑むサッカーチームが
世の中にありますでしょうか?
練習試合では本気にならないから、意味がないのでしょうか?
そんなバカな話はありませんよね。

なので、シミュレーショントレードをやりすぎるということはなく、
逆に、いくらでも納得いくまでやってみたほうがいいのです。
そして、本当に本当に納得できたら、
お金をかけていけばいいのです。
デイトレには、それだけの難しさがあると思います。

どのくらい時間がないのか、どのくらい動きが激しいのか、
どのくらい体力知力を使うのか、
それは、シミュレーショントレードを少しでもやってみれば
まあわかります。
1-2か月でもいいから、やってみてください。
そこで見えるものが、いかに自分の思っていたことと違うか。
実感してみて欲しいと思います。

断言しますが、
そうでないと、おそらく失敗します。
気を付けてくださいませ。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
2.net/link.php?1324960" style="font-size:12px;">人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1732-de03eb17
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック