損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/4 本日の損切り
損切りも何も、今日もズドーンでしたね。
日経平均は、25日移動平均線のの下で寄り付き、
粘るも何もそのまま下に下げていきました。
少しは持ち直したとはいえ、一時は75日線付近まで、
落ちました。

下降の時のスピードの速さには、よく見る光景とはいえ、
いつも驚かされます。
じっくりと築きあげてきた17,000円抜けの経緯が、
一気に反故にされてしまいました。
これでは決算も何もありません。
スイングは仕切りです。
MACDも今日デッドクロスとなりました。

ただ、決定的に下降かというとそうではなく、
あくまで想定の範囲内の下降です。
まだ、75日線を割ったわけではありませんし、
直近安値を割ってしまったわけでもありません。
上昇相場中の下降局面が一気に来た、という場面です。

ここからが日経平均の上昇のための正念場でしょう。
来週早々に17,000円を回復できるのかどうか。
すぐに回復しないと、せっかく支持線となった17,000円の壁が
再び抵抗線の壁になってしまいます。

そして、そこでまごまごしているうちに、
75日線が下向きになってしまうかもしれません。
上昇相場が振り出しに戻ってしまいます。
単に、買いたい人より売りたい人の方が多い、
というだけのことなのですが、それだけ先行きが不透明
という事ですね。

火曜日の段階では、水曜日のような下げは確信できませんし、
昨日の段階では、今日のような続落は完全には予測できません。
相場は、いつも先行き不透明なんですけどね。

ただ、一般にはどうしても「株は買うもの」という固定観念が
ありますから、じりじり上がって一気に下げる・・・という、
よく見る光景が生じるのでしょう。
こういうところで空売りには入れたらと思うのですが、
それは、なかなか難しい相談です。
なかには、うまくやっている人もいるかもしれませんが、
それはそれで、また別の時には手痛い思いをする手法だと思います。

昨日今日で、結局のところ損切りになりはしましたが、
さほど痛いものではありません。
もともと痛いほどの損切計画をしていませんし、
そこまでの仕掛けもしていませんでしたから。

この週末に考えるのは、
来週また買っていけるのか、それとも売りに回るか、
あるいは「やらない」ことを基本とするか、
そのあたりのスタンスの取り方ですね。

また、難しい判断になりますが、
じっくり考えておきましょうか。

今週もお疲れさまでした。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1756-7e0848b2
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック