損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
11/7 ギャップを空けた反転
日経平均が大きなギャップを空けて上で寄付きでした。
個別銘柄も軒並み同じような寄付きでした。
昨日の段階では、ここまで高く始まるとは、
思っていませんでした。
こうなると、仕掛けようにもなかなか手が出ませんでしたね。

ギャップが空いた時の考え方としては、
過去にこのブログでも何度か書いていますが、
以下の通りです。

空いたギャップの間に、何らかの重要なラインがある場合は、
その方向に従いていってよい。
しかし、そのギャップの間に何ら重要なラインがないならば、
そのギャップは埋まる可能性が強いので様子見。

「重要なライン」というのは、
●75日や25日の移動平均線。
●「1,500円」とか切りの良い株価のライン。
●長いトレンドラインや強固なパーティション(支持線、抵抗線)。
●十分に意識された一目均衡表の雲の上辺下辺。
●・・・
といった、トレードの目安になる強いラインのことです。

であるならば、今日はどうだったのか。
日経平均でいえば、ギャップの間に25日移動平均線という
非常に重要なラインがあります。
もう少しいうなら、非常に短期ではありますがトレンドライン抜け、
という事も言えるかと思います。
ということは、買いで仕掛けても良いということですね。

実際に、今日の日経平均は25日線を支持線にして、
いったん下げた後は再び上昇しています。
上へのギャップの間に重要ラインがある場合は、
その重要ラインが支持線になる良い例になったと思います。

一方、個別銘柄を見てみるとどうか。
私の挙げたジェイテクト(6473)の場合は、
今日空けたギャップの間には、小さなトレンドラインくらいしか
入っていません。
(細かいことを言えば、一目均衡表の基準線とかありますが、
 この場合は重要なラインには入らないと思います。)

結果的に、ジェイテクトは、上にあった25日線が、
上向きにも関わらず抵抗線になってしまいました。
やはり、ジェイテクトは、仕掛けにくかった、という結論です。

せっかく仕掛けようと思って準備していても、
日本市場はどうしてもニューヨークや為替の影響を受け、
ギャップの空いたスタートになることも多いです。
そして、ギャップが空いてしまうと、その対応に悩んでしまう
という事態になるのが常です。

基本的には、大きなギャップが空くようなら様子見です。
そして、次のチャンスが来るまでその銘柄は待ちです。
ですが、重要なラインが間にあるケースでは必ずしも
待ちではなく、果敢に仕掛けていくのもありだと思います。
ギャップというのは、その銘柄の相場の強さの現れですから、
条件次第では大きな利益につながることもあり得るのです。

アメリカの大統領選を前に、どちらかというと、
上げ上げのムードが漂って来ました。
確かに日経平均は上げの相場です。
為替も円安の方向です。

でも、そうした情報をベースにした買い仕掛けは、
やってはいけません。
必ずチャートを背景に事実に基づく仕掛けを考えましょう。
という視点でいくとここからの買いは、ちょっと難しいと思います。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
私は過去に株の学校123の初級コースを受けました。

75日線を上に抜けそうな場合には、75日線のワンティックかトゥーティック上に逆指値をしておくと習いました。

それでもしギャップを開けて値が飛んでしまったなら、無理に追いかけないようにと教えられました。

また、もし場を見られるようであれば、そのようなケースの場合、たまに値がついてから75日線を割ってくる場合もあるので、注文を取り消しなさいとも言われました。

こちらのブロガーさんも株の学校123で学ばれたようですが、今回の記事内容と私が学んだこととは相違するのですが、この点はどのようにとらえればよいのでしょうか。

またギャップアップがあった場合にそれに追従したなら、事前に想定した損切りコストとかけ離れてしまいますが、これは個人の損失許容範囲内であれば問題にしないということでしょうか。

それと、過去何度か越えられなかったような抵抗線を株価がギャップアップで越えて行く場合がありますが、そのような場合も然りということでしょうか。

11/11には8604野村HDや8306三菱東京UFJなどが勢いよく過去の抵抗線をギャップアップで抜けて行きました。

ああ、あの記事の内容に沿って寄付きから買えばいいんだなと頭の中では理解できますが、でも客観的な損切りポイントからはあまりにも株価が離れ過ぎていますから、とても体が動きません。

あのような場合、もしエントリーするとしたば、どこに損切りを置いておけばよいのでしょうか。

突破した抵抗線の下に再度株価が押し戻された場合でしょうか。

教えて頂けると嬉しいです。宜しくお願いします。
2016/11/12(土) 12:30:39 | URL | kabuto #QE0JeW2U [ 編集 ]
Re: タイトルなし
kabuto 様

コメント、ご質問ありがとうございます。

ギャップが空いた時のご質問に関して、
以下の通りです。

まず、ギャップが空いて、その間に重要なラインがあれば
すべて有効な仕掛けになるかというと、
そんなことはありません。

もっと大事な状況があれば、
当然ながら判断としてはそちらを優先します。

たとえば、今回頂いた例のように、
ボリンジャーバンドの±2σを抜けてしまう場合などです。
あるいは、ギャップがあまりにも大きいとか。

また、75日移動平均線を抜ける(割る)ギャップは、
ついて行っていいと思いますが、それも程度問題や
状況によります。
全体相場が下降なら、
上昇のギャップについて行かなくてもいいかも知れませんし、
75日線の向きが横ばいなら、ギャップで「買い」確定と
考えてしまうとうまくいかないと思います。

(そもそも、75日線の抜け割れでの売り買いは、
 1ティック上とか下とか、それだけではありません。
 他にももっと有力なバリエーションはあります。)

要するに、ギャップに対する考え方は、
あくまで副次的なものであって、
状況によっては成立しないということです。

また、ギャップで仕掛けた場合の損切りラインは、
そのギャップのラインか、ギャップ内にある重要ラインかと
思います。
そこは、ケースバイケースです。

私は株の学校123で勉強しましたし、
そのことを非常に良かったと考えていますが、
必ずしも、すべての考えがその教え通りとは思っていません。

相場のとらえ方とか、仕掛けや仕切りの仕方で、
自分なりの判断もあります。

基本的に、習っている当初は、素直に100%体に染み込ませる
べきですが、
独り立ちして以降は、必ずしもそうではありません。

私も、誤解を受けるような書き方をしていると思いますので、
本当に申し訳ありません。

今後も、何卒よろしくお願いします。
2016/11/12(土) 17:18:27 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
有難うございました。

コメントを拝見して感じました。
私が習ったのは、いろいろなトレード手法のなかの一つである123方式の、その基礎のほんの一部だけだったということのようです。

これまで実際にトレード生活のなかで、75日線をギャップアップで飛び越え、しかもそれ程大幅に超えているわけではない場合、これ、エントリーしてもいいのではないか、と思える場面が結構ありました。

しかし習ったルールにはない、そう思って眺めていると翌日もどんどん続伸していく、ようなケースに出くわすことが意外とありました。

あまりに硬直的に構えていると、確かに損する頻度は少なくなるかもしれませんが、せっかくのチャンスに乗れないという逆のリスクもあるということですね。

123で上記のような場合は見ているだけですかと尋ねたら、講師は諦めて他の銘柄を探しましょうとだけ言っていました。

やはりあれだけでは実際は実践的ではないんだなということが何となく分かってきました。


もう一点のギャップアップで仕掛けた場合のロスカットポイント、もうひとつ分かりにくいですが、抜き去った重要ラインを下回った、或いは完全にギャップが埋められてしまった、そのような場合かなと判断しました。

要するに仕掛けの根拠が崩れた場合、ということでしょうか・・

ほんと、株の勉強、やってもやっても切りがないですね。

お手数をかけてすみませんでした。
有難うございました。




2016/11/13(日) 09:26:03 | URL | kabuto #QE0JeW2U [ 編集 ]
Re: タイトルなし
kabuto 様

ご返信ありがとうございます。

損切りのポイントについてのご理解は正しいと思います。

「仕掛けの根拠が崩れた場合」とは、その通りだと思います。

75日線のギャップアップについては、
123も、その先の仕掛け方のノウハウも持っています。
それは、さらに勉強していくと出てくると思います。
勉強の進み具合の中では、
段階段階に応じて、まずはその枠組みの中でやってみる、
というのが重要なこともあって、
「諦めて他の銘柄を探しましょう」という事にもなろうかと思います。
それはそれで間違っていないのです。

おっしゃる通り、仕掛けの勉強は、チャンスを増やしていく作業です。

75日線から、トレンドライン、パーティション、25日線、ギャップ(=空/窓)・・・
買いだけでなく空売りも・・・
というように、チャンスは増えていくわけです。

でも、すべてのチャンスを手にする必要もないし、
その人の株トレードの必要性に沿って、学んでいけばいいと思います。

今後も、何でもご質問くださいませ。
できるだけの、ご対応はいたします。

よろしくお願いします。
2016/11/13(日) 23:17:09 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1759-a4405162
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック