損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
12/12 デイだけの状況は変わらない
日経平均は19,200円の手前で寄り付き、
年初来高値をさらに更新して行きました。
その後は、さすがに高くなったのか、
利益確定の売り(だと思います)が出てきて失速下落しました。
後場からは再びじりじりと上昇しましたが、
寄り値まで戻すことはできず、十字線に近い小さな陰線となりました。

上に開いたボリンジャーバンドの+2σには達せられずに
終わりましたが、それでも、上昇は急です。
日足のチャートを見ると、
10月の上昇カーブよりも11月の上昇カーブ、
11月の上昇カーブより12月の上昇カーブの方が急です。
まさに教科書通りの上昇曲線です。

おおよそ、チャートは、波動が上昇の時には
天井に近づくほど上昇が急になります。
そして、波動が下降の時には、最初の下降が最も急で、
そこに近づくほど、下降は緩やかになります。
必ずそうなるというわけではなく、そういう傾向がある
ということなんですが、
そういう見かたの中では、今の日経は、
やはり、そろそろ天井圏に近いと見るのが妥当かもです。

ただ、そのように見て来ながら、売りをメインに考えてきたところ、
それでもやはり上がり続けてきているという現状があります。
そこは、もうどうしようもないと言うほかありません。
別に、チャートの原則が崩れているわけでも何でもないし、
別のルールを考案しないと生き残れないとか、
そういうことでもありません。

ただ、まあ、ちょっと手出ししにくい相場だと、
そういうことなのです。
やれる人は、どんどんやればいいとは思います。
ただ、私から見ると、難しいなあ・・・と。

デイトレなら、それでもずいぶんできています。
今日は、前場の売りと後場の買い。
特に、昨日上昇率の高かった銀行や鉄鋼を見ていました。
デイトレで好きな銘柄である、
三井住友銀行(8316)、JFE(5411)などは、
デイ限定で上手く仕掛けられたと思っています。

それでも、今日仕切るからいいのであって、
これら高値圏の銘柄を、だからといって売りでも買いでも、
持ち越せるかというと、難しいわけです。
天井かもしれないとは思いつつ、
じゃあ確実に天井かと言われたら、やはりわからないのです。
まだまだ上がるかと言われても、わかりません。

これは、いくら損切りを覚悟していたとしても、
やっちゃダメだと思います。
天井圏だからこそ、大きく乱高下する可能性が高いわけだし、
損切りは常に覚悟するとしても、わざわざ危険に足を入れる
必要はありません。

いずれにしても、
デイで見られない人にはとても難しい相場です。
見ていくほかないと思います。
少なくとも、今はチャンスではない・・・ということは、
今日の相場を見た後でも、悲しいかな変わっていません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ ↓まだ見ていない方はぜひ見てください。
「維新流トレード術」サンプルページ

押しつけがましいですが、
それだけの価値があると思っています。(送料のみで購入可)
維新流トレード術

この本に着いては、私の感想は以下の記事、
一昨日のこの記事
ご参照してください。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1813-bb7224e1
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック