損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
12/22 油断禁物です
今日は、最後まで5日移動平均線が、
上の壁になってしまいました。
場中は、上に行ったり下に行ったり、持合いでした。
大引けの値が、今日の最高値になり、
最後は陽線で終わりました。
しかし、やはり大きな買いの力はなく、
久しぶりに5日線を割った状態で大引けになりました。

ローソク足としては、昨日比で下げの形になりましたから、
買い保持のトレードにとっては、
よい仕切りタイミングになったかもしれません。

個別銘柄も、大した動きはありませんでしたね。
こういう相場だと、誰でも判断できないし、
自分だけはっきりとした動きは取れないです。
一応上昇相場だし、そうそう上げはしないけど、
それでもやっぱり大きくは下げないので・・・、ということです。

ただ、出来高が少しづつ下がって来ています。
今週の4日間は、明らかに出来高が減っています。
まあ、さほど注目するほどではなく、
過熱感が薄れてきたという程度ですが。
連休前なので、皆控えているのかもしれません。

いずれにしても、日足だけ見れば、
これだけ75日線から上に離れているというのも、
珍しいことです。
それでも、なかなか下げて来ない。
待っても待っても、なかなか売りのタイミングにはならない。
MACDが凹み続けていても、デッドクロスしたとしても、
そこから復活してくるのが、今の日経平均のようです。

でも、いつまでも上昇を期待し、
相場をなめてしまうと、そこから急落して、
相場の怖さを思い知ることにもあります。
いつも、そのことを忘れずに気を引き締めておくべきです。
相場はいつも油断禁物なのです。

来週のど年末まで、少し間があきます。
あまり積極的に仕掛ける時ではないですが、
万全の準備で、大納会を終えることが、
来年のトレードにつながります。

3連休は、少し整理に時間を使おうかなと思います。
今日も、本当にお疲れさまでした。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
先日は損切ラインについての説明ありがとうございました!ぐらつかない損切、実践してみます。

ところで、個別銘柄の買い仕掛けのタイミングでとしてはどこがベストなのでしょうか?前日高値を超えたらですか?であれば、逆指値で買うのか引けでの判断なのか、教えてください。

前日に目をつけていても、どうしても当日安値で買いたくなり下のほうで指値注文をしたものが刺さり、それがさらに下降していってしまうパターンが多いです。。
かといって高値越えに一瞬タッチしてから落ちるのも嫌で、どういうルールを作ればいいのか悩んでいます。
2016/12/23(金) 12:02:24 | URL | はじめたばかり #RR9OddmU [ 編集 ]
Re: タイトルなし
はじめたばかり 様

お世話になります。
またのコメントありがとうございます。

このところ頂いていたコメントに刺激されて、
ブログ記事で、仕掛けや仕切りのポイントに関して、
書いてみようと思い、今日をその1回目にしました。

お問い合わせの件ですが、
私は・・・
仮に「前日高値抜け」を仕掛けポイントにしたなら、
「〇〇円以上になったら〇〇円で買い」という逆指値注文を
入れてしまいます。

それは、この「〇〇円」こそ、株価が順行し始めるポイントと
考えるからです。

この場合、少しでも安く買って・・・という思惑は不要です・・・
というか、やってはいけません。
なぜなら、順行し始めるポイントに来ていないからです。

「順行し始めるポイントに来る」という条件を満たしていないのに
仕掛けるのは、ただのフライングです。

私の知っているトレードの先生の中には、
買うと決めたなら、できるだけ安く仕掛ける、と言う方もいます。
でも、それは予測に基づいて仕掛けると言うことで、
私は同意できません。

もちろん、ご指摘の通り、一瞬だけ「〇〇円」にタッチしただけで、
反転するときも多々あります。
いわゆるダマシというやつです。

でも、それは誰にとっても予測不能ですし、
怖れていても仕方がないことです。

どうしても嫌なら、「〇〇円」ぴったりではなく、
「〇〇円+5ティック」のように、少し余裕をもって仕掛けることも
できますが、
それにしたところで、タッチしてすぐに反転という可能性が減るわけでもなく、
同じ思いはどこまでもついてまわります。
私は、「〇〇円」で仕掛けます。

トレーダーそれぞれに考えがあるとは思いますが、
私は以上のように考えています。

記事の方も、今日、明日とご参考にしてくださいませ。

では、また。
2016/12/23(金) 21:27:30 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1838-fc228b13
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック