損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
1/23 損切り貧乏
毎日が今日のような日だったとすると、
損切り貧乏というのも十分に理解できます。

仕掛けただけ損切りになってしまい、
正しい損切りを繰り返しながらも利益がないため貧乏になってしまう。

そんな損切り貧乏は、こういう相場で起きてしまうのだと思います。

後場は、もう少し形になるのではないかと思っていたのですが、
持合いに終始したまま、最後は大きく下げて終わってしまいました。

すべては為替の影響と言ってしまえばそれまでですが、
場中の動きは、そうでもありませんでした。

後場は、上を志向していきました。
19,000円を抜けるシーンまでありました。
分足の波動局面では、上昇を示していたのです。

ドル円のほうは、下降の波動を続けていたのに対し、
日経平均のほうは上昇の波動だったのです。

それでも、ドル円のちょっとした上昇に大きく反応している
という様子にすぎませんでした。

最後は下落。

これを見てしまうと、持合いとは言いながら、
明日以降、下げが続いていくような気がします。

もとよりニューヨークは下降です。
そして、鈴なりの果実のように一気にズドーンと落ちてくる想定も
十分可能な日足チャートの形です。

日経平均も同じようにズドーンと落ちていきそうです。

念のため、一目均衡表を確認すると、
行く手には雲の急斜面です。
このままの価格が続けば、その斜面に突っ込みます。
雲を避けるには、それまでの間に急上昇しなくてはなりません。
できるのでしょうか?

昨日上げたインフォマート。
今日のこの状況の中で、買い約定です。

先週の安値割れで今日の買いの狙いはおしまい・・・
という選択肢も考えてはいたのですが、
まあ、試しに少し、と思って仕掛けてしまいました。

相場環境としては開始かけには悪い状態です。
しかし、そこは、日経平均とあまり無関係な銘柄、
ということで、思い切ってしまいました。

決して軽い気持ちではありません。
ただ、重く仕掛けたわけでもありません。

今回は、相場がわからない中、
休んでおくよりは、少しでも仕掛けておこうと思っただけです。

いつものことですが、損切りは当然覚悟の上。
瞬殺だって覚悟の上です。

損切り貧乏に足を踏み入れてしまったのかもしれませんが、
貧乏にならぬ程度に仕掛けの数は絞っておきます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1887-be3e5328
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック