損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
1/29 簡単に株をやる世の中
株のトレードって、お金があれば誰でもできてしまいます。
証券口座だけ用意して、ちょっとだけ事務的なことを頭に入れて、
ローソク足やチャートのことを最低限わかっていたら、
それでもう、株が買えてしまいます。

今は、勉強したければたいていのことはネットで済んでしまうし、
銘柄の情報だって経済情報だって、なんだってつかめます。

昔ならば、株なんていうのは、かなりの資産家がやることで、
玄人の道楽のように思われてました。
いわんや、為替や先物に至っては、一般人には触れることすらない、
という世界でした。

株の世界が昔のままであれば、私など株トレードを学ぶなど、
あり得なかったと思います。

それがまあ、本当に世の中変わったんだなと思います。

しかしながら、株の世界はプロが儲けて一般個人が損をする、
という構図が変わったわけでは決してなく、
冒頭に書いたような軽い感じで株の世界に入ってきた人は、
そこそこギャフンと言わされて打ち止めになったりもします。

株の場合は、本当に損をするのは個人ばかりだと思います。
儲かっている個人はごくわずか。
トータルプラスにできている人は実に少ないものだと思います。

何が言いたいかというと、
株の世界で個人トレーダーとして長く生き残っていこうと思うと、
非常に大変だということです。

テクニカルの勉強だけだってそうは簡単にはいかないです。
1-2か月でわかるようなものではありません。

デモトレードをやる期間もあるでしょうし、
実戦での経験も大いに必要です。

慣れていない間に実戦で仮に大きな損を出せば、
それを取り返すだけでも相当な時間がかかってしまいます。、
そして、そんなのは、誰にでも起こりそうに思います。

何だかんだで、たとえばスイングトレードで月間トータルプラスを
継続できるようになるだけでも、かなりの頑張りが必要です。
それでも、おそらくトントンに近いトータルプラスでしょう。

その先さらに、安定的に満足できる利益を出し続けるためには、
さらなる継続した努力が必要かと思います。

そして、ついには大金持ち・・・と思いきや、
そうなれるかどうかはわからないよ、という世界です。
努力が報われるとわかっているならまだしも、
報われないことだってあり得るのです。

株をやろうという人がいると、、私は、そういうことを話すのですが、
大概は話半分に聞いているようで、
それで思いを変えるような人には会ったことがありません。

株はこれからもどんどん一般に浸透していくでしょう。
そのたびに、損する人が増えるというのは、複雑な思いもありますが、
まあ仕方ない趨勢だろうと静観しています。

今日は・・・まあ、蛇足の蛇足みたいな話で本当に恐縮です。
おそらくこれを読んだところで、株はやめとこうと思う人はいない
と思いますので、書かせていただきました。
(本音の本音では、ライバルの増員は大歓迎ですので。)

で・・・一応、明日以降の私の注目銘柄を出しておきます。

三菱地所(8802)、大和ハウス(1925)
どちらも、75日移動平均線戻りからのトレンド転換を見込んで
買いで見ておきます。
きわめて教科書通りの仕掛けだと思っています。

東京電力(9501)
こちらは75日線付近で持ち合っていて、売りで見ていた銘柄です。
でも、結局下げないなら上げです。
いったん、売り目線は外しておきます。
引き続き見ていこうと思っています。
動きが出れば、その方向に試しの仕掛けから行きます。

MonotaRo(3064)
これも、75日線ですが、グランビルの初動のような動きは
いったん終わっています。
金曜日上げたので、さらに上を目指してグランビル上昇の2回目に
入ろうとしているなら、一気に上げるかもしれません。
これも、有力買い候補に入れておきます。

明日から、また頑張っていきます。

クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1894-01cf691d
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック