損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/8 軽いときほど要注意
日経平均、何とか続伸です。
そして、今日は、終値で19,000円を回復しました。
寄ってから前場は下げたのですが、
後場に切り替えして、寄付きを上回っていきました。

弱いけど強い・・・なんとも不思議な毎日です。

今日は、売り保持の利益確定が2件。
買い保持は持越し。
あとは、決算発表銘柄をまたまた小利で確定しました。

前場の11時。
クラレ(3405)の決算発表はどーんと一瞬で落ちましたが、
その後、仕掛けを見つけられずにスルーで終わりました。

後場の富士重(7270)と三井物産(8031)。
それぞれ、上下逆の動きでしたが、同じ時間にもかかわらず、
両方とも仕掛けられました。

富士重工は買い、三井物産は売りです。
富士重工は、動きが出てからしばらくして仕掛けられました。
三井物産は、しばらくチャンスなし。
富士重工がひと段落してから、売りのチャンス到来となりました。

この間は、結構バタバタしましたね。

時間ちょうどから一気に動き出します。
チャンスが来る前に発表内容を確認。
上方修正か下方修正か、要はいいのか悪いのか。

それを、株価の動きと合わせて順行していれば、
その逆を狙う・・・というのが手法ですから、
結構気は使うのです。

そして、14時の日本紙(3863)、石油資源(1662)。
日本製紙は売り。
石油資源も売り。

石油資源のほうは、最初はうまくいかずに損切り。
もう一度入って、小利でトントン。

決算発表の利益になる確率は結構高いのですが、
利益額は本当に少なめです。
昨日も書きましたが、こんなに苦労してこれだけ・・・
という程度なのです。

1分足を見ていて、動き出しの時に出てくる、大陰線や大陽線。
これを全部取れたらどれだけ楽しいか・・・と思います。
でも、それは無理な相談です。

トレードは、結果で見ると本当に簡単に見えます。
なぜ、こんなのが取れないのか。
初心の頃には、本当にそう思ってやってました。

しかし、すぐに、簡単でないことがわかります。

ついつい、仕掛けてしまって一瞬で含み損になって、
まごまごしている間にどんどん逆に行ってしまい、
大したロットじゃないからと、とっさにナンピンを考え付いて、
さらに損失を膨らませ・・・・、てなもんです。

軽くやってしまったデイトレほど、大きな事になってしまうのも、
そういうわけです。

今の持合いの地合いで気持ちが焦らされていると、
そんな羽目に陥りがちです。

気を付けていきたいと思います。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1907-da04d4e4
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック