損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/23 今週は判断なしか
想定できたことだとはいえ、ここに来て下降のローソク足です。

後場にはかなり盛り返しては来ましたが、
昨日の終値水準に戻すのが精いっぱい。

しかし、下には行ったけれど、はっきり下降かと言われると、
そうでもないという状況です。

そうこうするうちにすでに木曜日です。
明日が週末ですから、積極的に仕掛けを検討するという
場面でもなくなりました。

今日は、JT(2914)の仕掛けのほかは、デイトレです。
JTは、75日移動平均線を抜けてきました。
このまま思惑通り、グランビル上昇の初動に入れるかどうか。

一目均衡表で見れば、ちょうど雲の薄い部分の下辺にいて、
数日の間に雲を抜ければよしというところ。
もたもたしていると、雲は下向きに分厚くなってきますので、
再び下に押しやられてしまう感じがします。

後場は、デイで昭和シェルに手を出してみました。
日経225銘柄を見ていて、前場の上昇がわかったので、
チャンスをうかがっていました。

そのほか、少しですが利益になりました。

でも、デイで仕掛けた銘柄を、
そのままスイングトレードに移行できるかというと、
なかなか難しいです。

明日がどうなるかわからないのと、
それを覆すだけのチャートの形が見つからないからです。

任天堂は、相変わらず持ち合いを続けているので、
これが25日線を抜くようだと仕掛けることにはなります。

でも、それ以外には買いでは触手が動いてきません。

今週の相場は明日一日ですので、
明日仕掛けるのは、どうなのかなと思ってはしまいます。

もっとも、トレーダーの中には、私が言っているようなことなど
全く関係なく、75日線すら気にしないで、
どんどん仕掛けては利益を出している人もいます。

そういうトレーダーにはタブーなどありません。

本当に人それぞれだし、結局はトータルの儲けがすべてだとも
感じるときです。
なかなか、そういうトレーダーは自分のやっていることを
言葉にできないみたいで・・・
「何となくそうしている」くらいしか、聞いても返ってこないのです。

達人のトレードの手法を言語化できるかどうか?
本当なら、そういうことも考えたほうがいいのかもしれません。

スポーツだって、ビジネスだって、
必ずしも成功の方法が言語化されているわけではありません。
そして、そういうことはみんなわかってやっています。

私は、言語化できる範囲でしかトレードをやっていないと思います。
言語化できない領域は、苦手だとも思っています。

でも、自分のできる範囲がそこだと思いますから、
無理はしないようにしています。

トレードは損切りです。
損切りは言語化できる範囲のトレードの手法です。

そこを再確認して、繰り返し繰り返し、損切りをしていきます。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1925-cd3c2fb7
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック