損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/26 なくもがなの教材叩き
トレードの教材については、いろいろ本当に見てきました。
自分のスタイルは決まっていますが、
それでも少しでも勉強になることがあればと思って、
ありとあらゆるものは見ようという意識で頑張っています。

意識があれば、それだけでも色々吸収できるものです。
世の中には、本当にいろいろ趣向が凝らされた手法があるし、
それを開発して、トレードで成功している人もいるんだな・・・と、
感心することしきりです。

最近また、上昇相場になっているからか、
沢山の教材販売のメールが飛び込んできます。
それらを見ていると、勉強になる反面、
バカにしたくなることもあります。

体裁だけつくろっている宣伝文句です。

特に、損切り(ロスカット)について、
「負けをいかに少なくするか」みたいなことを言っているのは、
その段階でダメダメでしょう。

損切りできないのは、損切り=負けというイメージを破れていない
からであって、
「負けを少なくする」というイメージで損切りに取り組むと、
おそらくやっぱり、損切りできないトレーダーを量産してしまうのです。

株の先生は、生徒が持つそのイメージを変える努力をしないと、
いくらテクニカルを教えてもダメなんです。
いつか必ず、破滅につながる損切り失敗をしてしまうことになります。

損切りの失敗についていえば、
「負けを少なくする」などというレベルではなくて、
ゼロにしないといけないのです。

これはもう、絶対的なもので、
生徒がマーケットから退場しないように心から教育するなら、
口を酸っぱくして語らないといけないことなんです。

損切りの失敗は、1度でもしてしまうと失格。
この重い重い掟を、どうやって伝えるか。

そこに、先生たることの真髄を感じるような教材なら、
大いにおススメなんですけれど・・・。

「負けをいかに少なくするか」なんて、
本質をついていないと思うばかりで、
こんな文句を宣伝のキャッチにも等しいところに持ってくるなら、
わかってないな、と思うだけなのです。

テクニカル的には、いいこと教えてくれるのかもしれませんが、
おそらく、生徒みんなを儲けさせるような実力はありません。

なぜなら、テクニカルを教えるのなんて、
ひと通り勉強した人なら誰でもできるから。
どこで損切りするかなんていうのも、ただのテクニカルです。
誰だって、本を読めばそれなりの話はできます。

でも、生徒が潜在的に欲しているのは、
そんな紙面で語れる情報ではなくて、
トータルプラスを実現し、その成功感触を味わってみることです。
「これなら行ける!」と実感することなのです。

そして、損切りはそのための必要不可欠な要素ですから、
本当に心ある先生なら、
そんな大事な損切りについて「いかに負けを少なく・・・」なんていう、
適当な言葉は絶対に使いません。

今日は、すいません・・・
上のような教材メールを発見してしまったので、
書いてしまいました。

明日から、また頑張っていきます。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1929-216f85cc
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック