損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/4 「待つ」の中味
ニューヨークダウの週末は、ほぼ変わらず。
為替は少し円高になって、114円近辺。
CME日経先物は、円建てで19,460円。

してみると、月曜日の日本の相場は、金曜大引けと
ほとんど同じような状態でスタートしそうです。

日経へ金は、節目の19,500円を挟んで、木曜日は抜けて、
金曜日は割れました。
木曜日にギャップを空けて上昇した割には、
さほど強さを感じるようなものでもありませんでした。

個別銘柄によってですけれども、全体としてみれば、
木曜日は仕掛けの日ではなく、
前日の水曜日に仕込むことができた人が利益を手にしたという
ことになったかと思います。

でも、金曜日の下落で、また振り出しに戻った感があります。

振り出しだ、リスタートだといっても、
私の見立てでは、まだまだ個別銘柄が自分好みになっていません。

自分の好みになっていない、などと書くと、
そもそも銘柄が自分の好み通りに動くわけがない・・・
と思うかもしれません。

それはその通りなんですが、
「待つも相場」という時に、「待つ」というのをどういうふうに
具体的にイメージするかは、とても大切なことです。

ただ単に、時間を過ごして、日経平均がブレイクしたら、
そのときに銘柄探そう、というのではないはずです。

例えば、私は今、DeNA(2432)に目をつけています。

DeNA日足チャート3月3日
DeNA日足チャート2017年3月3日
(クリックすると大きくなります)

金曜日は、ローソク足の局面で下げてしまいましたが、
来週、日経平均が持ち合うならこの銘柄も、
25日線移動平均線上で持ち合うのではないか。
そうすると、25日線はまた横ばいに近づいていくだろう。

そして、いずれ、日経平均が下落せずに再び上にブレイクするなら、
その時は、この銘柄も大きく上にブレイクするだろう・・・。

このように、チャートを見ながら想像しています。

ただ、2/17の安値を下回ってしまうようだと、
下降波動となってしまうので、そのt期は買いはしばらく諦めようとか、
思い切り、上にギャップを空けて寄り付いてしまう時があれば、
その時はおそらく仕掛けられないだろうなあとか、
上手くいかないことも想像しています。

こういう想像を、いくつかの銘柄でしているのです。
それが、私の「待つ」の具体的内実です。

自分の思惑通りに、ことが進んで行くと、
やがて仕掛けが近づいてきます。
その時には、「明日が仕掛けになるかもしれない」と思い、
いよいよ、仕掛けのポイントについて、損切りのポイントについて、
具体的に考えていくことになります。

また、あるいは、日経平均は思い通りの展開になっても、
この銘柄は日経平均と連動しないことも多いので、
思惑とは違う方向に行くこともあるでしょう。
逆に、日経平均が思惑通りでなくても、
この銘柄は思い通りの展開になっていくかもしれません。

そんなことを日々、いろいろな銘柄で考えながら、
時間を過ごしていきます。

明日もそうやって、銘柄探しで時間を使います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私なりのトレードの考え方、手法を公開しています。
まだ、100%書き尽くしていませんが、
やがて、100%埋め尽くしたいと思っています。
(100%は・・・さすがに無理でしょうか・・・。あり得ない・・・。)

→ 損切り絶対主義!
ご意見くださいませ。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1938-577fd442
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック