損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/9 両建てで対処していこう
日経平均は少しだけ反発しました。
まだまだ、とても上昇したといえるほどではありません。
まあ、いったん25日移動平均線に支えられたということですね。

今の日経の動き、ニューヨークの動向もありますが、
なによりドル円為替の影響が大きいかと思います。

個別銘柄の動きを見ると、動きはまちまちです。

大きく上昇している銘柄があるかと思えば、
結構下げている銘柄もあり、具体的な戦術としては、
買いも売りも、何とも言えないような状況ではあります。

どちらも、積極的には仕掛けてはいけないなという印象です。

デイトレならば、ということで、今週はデイばかりなんですが、
そうはいっても、スイングトレードがないわけではありません。

いつか、大きな動きになったときに、
そこからではチャンスがない銘柄もあります。
日ごろから、スイングで入っていないと取れない動きがあるのです。

そういう意味では、買い一辺倒ではなく、
売りも含めた両建てでやっていければ一番理想的です。

私は、両建てがあまり好きではありません。
どちらかというとスタンスだけでもはっきり決めて相場に
臨みたいと思っています。

しかし、それについては、ケースバイケース。

日経平均の動きが今一つはっきりしない持ち合い的なもの。
そういう時には、個別銘柄は個別の事情で動いていきます。
上がる形なら上がるし、下がる形なら下がるのです。

任天堂(2974)は売り。
こういう状況ですから損切りは承知の上です。
でも、明らかに日経平均より自分の事情で動いているのが、
この銘柄です。

オリンパス(7733)は買い。
ずっと見ている銘柄です。
ボリンジャーバンドを抜けましたので、
ここからは、しばらくのバンドウオークを期待します。

ファナック(6954)は売り。
高値が取れなくなってきています。
ボリンジャーバンドも落ち着きました。
今日売らないと、売れなくなると計算しました。

他にも、手を出したいのはありました。
ファストリ(9983)やを買うとか、
九州電力(9508)やソフトバンク(9984)を売るとか。

しかし、今の相場の状況の中で、
値がさ株の両建てをたくさん持つのは非常に危険にも思いました。

また、持合いのときの両建ては、
すべて短期の前提です。
損切りになるなら、明日かな・・・と思ってもいます。

こういう時のスイングなんだから、こまめに
ちょこちょこ、少しづつやっていけばいいのです。

思い切り逆に触れる可能性も、それぞれにありますので、
ある程度の余裕をもって、銘柄数も絞っていきたいのです。

毎日相場を見ていると、毎日考えが変わっていきます。
ニューヨークダウや為替を見て変わり、日経平均を見て変わり、
個別銘柄を見て変わる。

基本スタンスを「買い」と決めていたとしても、
条件次第では「売りもOK」となります。
相場はそれくらい刻一刻と変わり続けます。
というか、相場が変わらなくても、
自分の見ている情報が増えていく中で、
自分の考えが変わっていくのでしょう。

それが、主観にすぎないと思うのであれば、従うことはありません。
しかし、自分の中で対応すべき情報だと思えば、
対応する方法を考えるのは悪くありません。

変えない部分は変えずして、変えていける部分は変えていく。
そういうのを、自分の考えで、少しづつチューニングしていくのです。

基本スタンスは「買い」。
だから、売りたくなっても資金的には、
「買い70、売り30」程度の比率までにする、とか。

売と買の比率、仕掛ける銘柄数、仕掛ける株数、
自分の力で変えられるのはそんなところです。

できることは限られていますが、
それでもずいぶんと色々な戦術を表現できるものなのです。

ただ、気をつけなくてはいけないのは、
自分で変えてはだめなところ。
特に、仕掛けのタイミングや仕切りのタイミングは、
自分の事情でやってしまうと失敗します。

資金状況や相場状況は別にして、
自分の分析で一番いいと思うポイントが仕掛けポイント。
これは変えてはいけません。
損切りのポイントも同じ。
自分が考える最良のポイントを変えてはだめなんです。

むしろ、利益確定のポイントは、
株数によっては裁量の余地があります。
そこで、自分のやり方を発揮するのは大いにありなんです。

一方で、監視銘柄はどんどん増やしていきます。
ゼオン(4205)、日東電工(6988)あたり。
75日線に絡んで来た銘柄。
上に行くのだと思えば、明日にでも買いですが、
果たしてそう行くのかどうか。
下落の兆しが見えるなら、売りでも・・・と思います。

トレンドがはっきり出ていない時、
個人トレーダーにはやらない自由もありますし、
「わからないからやらない」というのが有力なやりではあります。
でも持ち合いが、ずっと長く続いてくるなら、
やはり「やりにくい」とばかり言ってはいられません。

ちょこちょこではあっても、果敢に行きたいところです。

絞れる知恵はすべて絞ってがんばっていきたいところです。


ご賛同いただけたらクリックをください!!⇒ 
元気になります。

テクニカルについては、こちらもご参考にしてください。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1943-9f1b11c5
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック