損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/13 損切りなど怖くない
日経平均は寄付きから上昇していきました。
そして、金曜日の高値を抜くと、そこが支持線になりました。

今日はデイトレードだと考えて相場に入りましたが、
日経平均が金曜高値を抜けたのを見て、
スイングに変えたものもありました。

買いで有力候補と見ていたJT、DeNAは寄付きでギャップ。
朝一からデイトレで挑みました。
三越伊勢丹は寄付きから下げていきましたので、
とりあえず対象外。

JTの方は、半分デイで利益確定。
もう半分は、そのまま持越しです。
DeNAのほうは、半分利益確定。
半分は損切りになってしまいました。

スイングを前提にした場合は、寄付きでギャップが空いたら、
基本的に見送ります。
その後、どんなに上げても手を付けることはほぼありません。

デイトレであっても、基本的に朝一の寄付きから
仕掛けていくというのは、あまりやりません。
朝は、どうしても乱高下するし、何もする暇なく大きく振られて、
思い通りにできないことが多いからです。

しかし、日足のチャートの形さえしっかりしていれば、
ギャップが空いても仕掛けられます。
もちろん、途方もなく大きなギャップであれば、
その限りではありませんが。

ギャップが空いた時のデイトレの損切りは、
買いならば、まずは前日の高値=ギャップ埋めでいいでしょう。
近くに、重要ラインがあればそのラインでいいとも思います。

近くに重要ラインがあるという事は、
そのラインを抜けた強いギャップということだからです。

そして、仕掛け後に順行すれば、損切りラインは買い値にします。
(正確には損切りではありませんが)
それで、しばらく我慢です。

今日は、日経平均が上昇していくのを見て、
売りには関心を示さず、買いに絞っていきました。

前場では、ファナックなんかも買ってみました。
これは、後場まで粘りましたが損切り。

後場になって、サンリオなども手を付けたのですが、
これも、あっけなく損切り。

スイングでは、東電を買い保持して持越しです。

他にもいろいろあるのですが、
あんまり書くとお恥ずかしいので、この辺でやめときます。

日経平均の動きを振り返ると、
結局のところ動いたのは前場だけ。
後場からは、大して動いてもいません。
眠くなってしまうような感じでもありました。

これだけ眠ければ、
高値更新のわけもありません。

しかし、ボリンジャーバンドが少しづつ上を向いてきました。
もう少し、買いの相場が続きそうです。

今、様子見などと言っている株の専門家は嘘つきです。
買いか売りかが見極めにくいだけです。
いったん相場が始まれば、はっきり出てきます。

損切りが怖くて、仕掛けられないだけなのです。

何のために損切りを重視するのか。
直接の目的はリスク管理なんですが、
じゃあ何のためのリスク管理か?

それは、もはやトレードの目的と同じです。

利益を出すこと。
すなわち、仕掛けること。

仕掛けないなら、トレードをやる必要はありません。
仕掛けないなら、損切りを学ぶ必要もありません。

何事も守りだけでは成立しません。
まず攻めがあるから守りがあるのです。


ご賛同いただけたらクリックをください!!⇒ 
元気になります。

損切りについて、書き続けます。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
コメント
コメント
スイング・トレードでのギャップ
おはようございます。
お世話になります。

今回の記事の中で、
「スイングを前提にした場合は、寄付きでギャップが空いたら、基本的に見送ります。」という件があります。

これはやはりロスカット経費がそれだけ多くなるから、ということでしょうか?

だいぶ以前になりますが、確か、「重要なラインをブレイクするギャップは、見るギャップではない」とういことが書かれていました。

私は、ああ、これはそのようなケースでは仕掛けて行くべきなんだなと、そのように解釈していました。

もちろんロスカット経費を負担できるかということも考えた上での話ですが。

ですので、今回の記事を読んで、あれ、以前に言っておられたことと違うなと、少し疑問に思いました。

私は以前読んだ記事が頭にありましたので、今回、ギャップアップでの仕掛けを2回行いました。

銘柄は8410・セブン銀行です。

初回の仕掛けは2月23日、これは通常の仕掛けでした。

75日線上で波動の上昇が確認でき、しかも12月に形成した三尊天井のネックラインを上にブレイクしてきたところで行いました。ちょうどくびれていたBB+2σの外へも飛び出しましたので。

そして翌2月24日、一回目のギャップアップでの仕掛けを行いました。

寄り付きから買い気配で、9月からの三角保ち合いの上値抵抗線あたりで寄り付きそうでしたので、仕掛けました。

その後はしばらく保ち合いで横ばっていましたがそのままホールドし、そして二回目のギャップアップでの仕掛けを今回3月14日に行いました。

前日に直近高値と前(12月19日)の高値を抜きましたので、朝、多少ギャップアップで寄り付きそうでしたが、仕掛けました。

そういう感じで、今回のギャップアップでの仕掛け、間違っているかもしれませんが、自分としてはいずれも重要と思われるラインをブレイクしたところで、仕掛けたつもりでした。

自分の勝手な判断でやっていますので、これが客観的で適切であったのかどうか、判断しかねます。

chinsukeさんからご覧になってはたしてどうなのか、もしよろしければコメントいただければ嬉しいのですが・・・

なお今回の一連のトレードでは、上に行くほど株数を少なくする、いわゆるピラミッディング式で買い足していきました。

毎回申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。


では今日もトレード、頑張ってください。
2017/03/15(水) 08:15:39 | URL | kabuto #QE0JeW2U [ 編集 ]
Re: スイング・トレードでのギャップ
kabuto 様

コメントありがとうございます。

確かに、言葉足らずだったですね。
申し訳ありません。

でも、重要ラインをまたいだギャップは、
ついていきたいギャップであるというのは、
何ら変わりないと考えています。

(そのあたり「基本的」という言葉に込めたつもりだったのですが・・・。)

で、セブン銀行についてです。

仕掛けとしては、非常にうまいと思います。
上手く上昇のタイミングを捉えられたのだと
感心します。

二つのギャップについては、
しかし、重要なラインを抜けたものとは見えません。

これらのギャップを、
「重要ラインを抜けてのギャップ」という理由で、
仕掛けていけるかというと、
非常に難しい仕掛けだと思います。

重要なラインに定義はないですが、
私の中では、
75日線、25日線、
その他、明白なトレンドラインなどの重要なパーティション、
といったほどの誰にでもわかるラインだと思っています。

ただ、非常によく保持されているので、
結果論かもしれませんが、
仕掛けも、その後の保持方針も良かったということだと思います。

大事に進めていただけるとよいと思います。

ギャップとしての取り扱いの観点からは、
以上のような回答になります。

よろしかったでしょうか。

また、よろしくお願いします。















2017/03/15(水) 17:41:10 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
こんばんわ。
お世話になります。

コメント有難うございました。

やはり重要なラインを跨いだギャップはついていきたいギャップであることに変わりないということですね。

でも私が今回のトレードで重要と見做したラインは、誰にでもわかるという点からいうと、ちょっとずれているのかもしれません。

特に三角保ち合いの上値抵抗線と言った場合に、そのように見做す人もいれば、そのように考えない人もいるかもしれませんね。

パターンというのは人によって見えたり見えなかったりしますので、客観的に誰にでも認識できるようなラインのほうが望ましいのかもしれませんね。

もっともっと勉強が必要なようです。

どうも有難うございました。
2017/03/15(水) 18:51:43 | URL | kabuto #QE0JeW2U [ 編集 ]
Re: タイトルなし
kabuto 様

ご返信いただきありがとうございます。

様子をお聞きしておりますに、
もうかなりのレベルまで勉強されていると思います。
私の話は、あくまでご参考としていただければよいかと思います。

誰でも見ているラインというのは結構重要で、
私もよくあるのが、
自分だけが気付いたラインと思ってほくそ笑んでいると、
誰も指標としていないために何の効力もない、
ということが起こります。

そういう意味では、プロの方々が見ているラインと、
一般個人が見ているラインが違ったり、
銘柄ごとに見られているラインが違ったりするわけです。

これの推定ができるようになると、結構面白かったりします。

おそらく、75日線などはプロのラインです。
一般個人だと圧倒的に25日線でしょう。
あと、銘柄別にみると、
やたらと一目の雲のラインに反応していたりするのがあったりします。
そういうのは、その銘柄を主にやっているプロ集団の癖なんだと
読み取ってもいいと思うのです。

余裕あるときには、そんなことも考えています。

・・・

今後ともよろしくお願いします。





2017/03/15(水) 21:21:10 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1948-958090a0
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック