損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/25 空売りのチャンスを探る
昨夜のニューヨークなどの状況は、ちょい落ち。
CME日経先物も、日本の相場に比べてちょい落ち、
といった感じで推移しました。

日経平均は、昨日75日移動平均線を抜けました。
なので、状況としては上昇のサインと受け取れます。

しかし、一方で、肝心の75日線が少し横ばいに向かっている。
日足のチャート波動では恰好が成立している、
という状況もあります。
これは、今後日経平均が下降相場に入っていくという可能性を
示しています。

上だか下だかわかりにくい。
長い目で見れば買いだと思うけれども、
しばらくの間は持ち合いも続きそうだし、
その間、どちらに振れるかといえば下げではないか。
ただし、一気に上昇する可能性も否めない。

ざっというと、今の日経平均を見ての印象は、
上のようなところでしょうか。

しかし、これでは判断になりません。
要するに、どうすればいいかわかりません。
そして、どうしていいかわからないから様子見だ・・・
ということになってしまいます。

まあ、様子見で納得できるのであれば、
わざわざ仕掛けを考えることもありませんが、
私は、今の子の相場でそれを言っていると、
しばらくの間様子見ばかりで何か月も過ぎてしまいそうに
思えます。

わからないこと自体はいつだって同じです。
トレンドが出ていたところで、
翌日にそのトレンドが続くかどうかは、
毎日毎日、わからないわけです。
逆に言えば、わかる相場なんてありません。

だからまず、売りか買いかスタンスを決めてしまいましょう。
一方の側から見ていくことで、その利点も弱点も見えます。
他方の側の利点や弱点も如実に見えてきます。

私の場合は、基本的に空売りを狙うのが信条です。
どちらでもいいなら空売りから仕掛けていこうとします。

なので、いったん、
自分を「仮に空売りを仕掛けるとしたらどうするか」、
というところに置いてみましょう。
それで、銘柄をあぶりだして見ていきます。

まずよく目につくのが、
上昇相場を続けてきて、高値更新ができなくなったもの。
チャートの波動も下降になっていて、
日経平均と同じように、いよいよ75日線すら
割ってしまったもの。

信越化学(4063)。
ソフトバンク(9984)。

非常に売りたい形ではありますが、
もう少し日柄が必要な気もします。
75日線がまだまだ上向きなので。
いったん上に行ったり、もう少し75日線下でグダグダして、
75日線が横ばいになってきたところが仕掛けどころ
ということになりますか。

三越伊勢丹(3099)。
これは上に比べればチャート形はいいんですが、
ちょっと信用売り残が多くなっているので、
ちょっとやめておきましょうか。

太平洋セメント(5233)。
太陽誘電(6976)。
三井物産(8031)
上の信越化学や、ソフトバンクと大差はありませんが、
少しは75日線が横ばいに近づいては来てます。
あと一歩。
波動はきれいな下降です。
試し売りくらいならトライしてみてもよさそうです。

こうしてみていくと、結構あります。
もう少し、日柄はかかるという印象ですが、
それでも、損切りさえしっかり入れておけば、
本格仕掛けではなく、小ロットなら仕掛けても
いいのではないでしょうか?

買いがだめなら空売り、というような安易なことではなく、
実際に銘柄を見ていけば、
空売りに適当な銘柄も見つかってくるのですから。

明日も、その線で銘柄を見ていきます。

ご賛同いただけたらクリックをください!!⇒ 
元気になります。

空売りについての解説もしています。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1962-6ccc50d3
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック