損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/13 一部は手仕舞い
どんどん下げてきました。
強気の、というか、当たり前のやり方が、
ピタリとはまっています。

これは、予測が当たったといって喜ぶような
お話ではなく、ほとんど偶然にそうなっているだけです。

思惑がピタリとはまると、
自分が相場の天才であるかのように錯覚します。

私も、本当に何度も何度も錯覚し続けました。
でも、錯覚したままだと、いつかは地獄に落ちます。

本当です。
私がそうでしたから。

とはいえ、日経平均はラストでちょっと上げてきました。
このことで、一部の銘柄は手仕舞いになったかと思います。

複数単元で仕掛けてるなら、
全部ではなく一部の手仕舞いというのも、
利益確定の場合には非常に有効な戦術です。

損切りの場合は、分割手仕舞いなどあり得ません。
しかし、利益確定の時には、分割はめちゃめちゃ使えます。

ただ、この部分利確も、忘れがちなんです。
本当に忘れてしまうのです。
一括で全部手仕舞いしないといけないような、
そんな錯覚にとらわれてしまうんです。

不思議ですね。

トレードには、いろいろな錯覚があります。

たとえば、含み損はどうしてもリアルに体感できません。
確定していないという理由だけで、
まったくリアルに認識できないのです。

だからこそ、損切りに失敗する・・・のです。

そのほか、デイトレで板が薄いほうに動くというのも、
錯覚です。
厚いほうに動くことが多いものです。

でも、大事なのは現実です。
錯覚は何の役にも立ちません。

トレードは命の次に大切なお金が絡んでいます。
錯覚は、時に命取りになりますので、
調子のいい時ほど、現実を見ていきましょう。

まだまだ空売りです。
急騰が来るまでは、それでいいと思います。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

錯覚も、軽い気持ちの表れです。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1982-d3565c95
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック