損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/16 明日からの戦術、銘柄
簡単な日経平均、全体相場の状況整理。

下降相場。
グランビル法則の下降の初動です。

ボリンジャーバンドの-2σラインに達してから、
すでに日柄は経っています。
-2σラインは下に大きく開く方向を継続。

いつ反発してもおかしくないという度合いは、
日に日に高まってはいます。

下降の目安は、わかりにくくはあります。
日経平均のひあしちゃーとを大きく見ると、
2016年の11月から12月にかけてのもたつきで、
18,200円当たりにパーティションがあるといえばあります。

あるいは、週足チャートの上向き39週線が、
やはりその辺りに位置しているのが見えては来ます。

そんなところから、
いったん、18,200円当たりを目指して下げながら、
そこからの反発も見えてくる・・・
というのが、今週の相場の展望かと考えておきます。

仕掛けは空売りで考えます。
買いは、急反発が来た時のデイトレード。

急な上昇の時に、慌てて適当な銘柄を探すというのも
難しい話です。
そういう時は、日ごろからよく見ている銘柄に限定して、
さっさと探せるようにしておきます。

全体相場が下げるという前提で見ていくと、
すでに大きく下げて安値更新を続けている、
三井住友など金融系の銘柄や東京電力のようなものよりは、
下降相場でいったん上昇してきた銘柄や、
これから下降相場に入っていきそうな銘柄でしょう。

大きなところで行くと、
ファストり(9983)は、25日線からの再下降、
ファナック(6954)は、75日線上向きなものの、
入っていくかもの下降相場狙い。
キヤノン(7751)も、下降相場入りっぱなを捕まえる狙い。

この辺をまずは見ていきます。
私の場合は、やはりまず見るのは、いつもの銘柄。
そこで、狙いに合ったものを見つけられれば、
それを中心に見ていきます。

他にも、スクリーン(7735)、ヤマハ発動機(7272)、
なども同時に見ていきたいです。

あるいは、持ち合いを続ける面白い形、
千代建(6366)、ヤマハ(7951)などにも、
注目です。
東芝と同じように、75日線がボリンジャーバンド内に
入ってきています。
下げるときは、大きなブレイクも考えられます。

売り残の多い銘柄もありますが、下降相場の真っただ中です。
急上昇の時にはより大きな注意が必要ですが、
いったん脇に置いておきましょう。

空売りの相場です。
上昇に注意するのは、当たり前だしいつものこと。

臆せずかつ冷静に、仕掛けるものは仕掛けていきます。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

今、塩漬けを抱えてしまった方は、このサイトからご相談を。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1985-36177682
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック