損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/24 どこで仕掛けるか
26週移動平均線、そして一目均衡表の基準線。

今日の、日経平均のローソク足は、
それらのラインンが意識されたようです。

今しがた始まったニューヨーク市場も、
驚くほど上げています。

日経平均は、今日、25日移動平均線を一気に抜けて
寄り付きました。
まあ、想定できないほどの上昇ではありませんでしたので、
いつものように、「ふーん」で終わりました。

しかし、まずは25日線がひとつの壁だとは思っていたので、
そこからの空売りが狙えなくなったのは、ちょっと誤算。

もっとも、すぐ上に、さらに強い指標となる75日線があります。
ということは、ここを空売りのポイントだと考えればいい、
ということですね。

今日のように、一気に上げられてしまうと、
空売り狙い思惑は、ちょっとしぼんでしまうようになります。
心理的に、そうなるのでしょう。

しかし、下がり続ける株はありません。
株は上がるからこそ下がるのです。

大きく上がれば上がるほど、
空売りのチャンスは広がっていくのです。

下降相場の上昇局面は、
決して、売りをあきらめるような場面ではありません。
むしろ、想定していたことなのです。

もちろん、きのうも書いたように、
相場は最後までわかりません。
いくら、下げると思っていても、上がることはあります。
損切りになるときはそういうときです。

いつだって、損切りの覚悟を持っていれば、
何も怖いことはありません。
やりにくいことを強いられるのが相場です。

目の前で相場を見ていると、
どう見ても下げそうにないように思うのです。
空売りなんてとんでもない・・・と思うのです。

しかし、一歩下がって、大きな目で見れば、
「今こそ売りの時」というのが、見えてくるのです。

何が無理で、何が無理でないかも見えてきます。

今現在でいうなら、
「スイングの買い」は止めたほうがいいです。
「スイングの空売り」はそろそろスタンバイです。

今日だって、寄付ききで上がっただけです。
そこから先は、そのままでした。
誰もそこからは買ってはいかなかったんです。

冷静に行きましょう。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

「休むも相場」は正しいか?
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/1993-1cd45310
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック