損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/9 今日も空売り
さすがに今日は下がりました。
とは言え、勢いよく山に登って一服しただけ、という様子。

それでも今日は空売りを仕掛けていきました。

昨日記事に取りあげた銘柄では、住友鉱山。
一応、何はなくとも仕掛けのサインです。

私は、こういうときは取り敢えずサインに従います。

確かに全体相場の状況からみて、売りは止める
というのもありでしょう。
傷は少なくてすみます。

しかし、それなら最初から、
仕掛けなど考えるだけ無駄です。

客観的なサインを無視して仕掛けないというなら、
それ相応の理由が必要だと思っています。
そこを簡単にスルーしているようでは、
トータルプラスにはなりません。

たいていは、その理由となるのがイメージです。
自分の立ち位置から見た相場のイメージ。

まだまだ上がりそうだ、とか、
今日の下げは小休止にすぎない、とか。
そういう理由で、仕掛けポイントをスルーします。

イメージを持つのは、必ずしも悪いことではありません。
しかし、イメージというのは、
きちんとした言葉にならないからイメージなのです。

つまりは、客観的には極めて疑問があるわけです。
一貫性も保証されません。

よほど相場に習熟した人が持つイメージは、
非常に信頼性が高いものと思います。
しかし、そうでもなというなら、
イメージなど、その場限りのニュアンスに近いようなものです。

自分のイメージを信じるのは、
通常のトレーダーにとっては自殺行為と言っても
過言ではありません。

必ず、イメージは破られます。

そう考えれば、
やはり仕掛けるサインでは仕掛けるべきなのです。

明日、どうなるかはわかりません。
損切りなら損切りです。

そこは、いつも通りの覚悟です。

相場はいつも、わからないのです。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

良い本は、触れるだけでも良い本だと思えるものです。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/2007-86b46c92
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック