FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/20 下降確定
待っていた日経平均の下落が、今日来てしまいました。
昨日は、25日線をいったん抜けてから終値では割ってきた展開。

今日の下落は、シナリオとして十分にありました。

そして、日経平均は、7月13日の直近安値をも割りました。
これで、チャートの波的にも下落方向となりました。
ニューヨークダウが昨夜、直近高値を一瞬抜けて、
上昇方向となったのと対照的です。

今日は、昨日安値を割った時点で「売り」でした。
昨日からの「売り」持越し銘柄と合わせて、
ここで売っておかなきゃ、どこで売るの?・・・という、
大きなチャンスのときでした。

個人投資家は「売り」目線。
「売り」の場合の利益が出るスピードは、
「買い」よりはるかに速いのです。

オンワード(8016)などは、何があったか知りませんが、
「売り」目線で銘柄探しをしているトレーダーとしては、
今朝、絶好の位置に寄りつきました。

下に向いている75日線、25日線のすぐ上で、
大きなギャップを付けての寄付き。

ほとんど、「黙って売り」の世界です。
もちろん、ホントに黙って飛びついたりすると怪我をするので、
しばらく様子を見ます。

ポイントとしては、75日線、25日線の重なったところを
まとめて割っていくあたり。

結果は、大陰線です。

あと、高島屋(8233)も。
今日は、75日線を割っての大陰線。

どこまで利益を伸ばすのか??利確の問題はあるにせよ、
こういう銘柄を見つけられるようになれば、
とりあえず、テクニカル的な素養は合格でしょう。

あとは、見つけた時にすんなり仕掛けていけるかどうか。
何度も言うところです。

そうなる(大陰線)ことがわかっていれば、
誰だって仕掛けるのです。

そうなる前に、そうなることをイメージして仕掛けるのです。

そう簡単ではありません。

もちろん、
背景には日経平均という全体相場への洞察があります。

それがなければ(いや、あったとしても時には)、
株価がイメージとは逆の方向へ行くことも多いのです。

どんなに、きれいなイメージができているとしても、
やっぱり「損切り」のイメージも、
同時に持っていなければなりません。

「損切り」のイメージができないと、
今日は取れた大きな利益が、
明日には大きな損失となって消えて行ってしまうでしょう。

トレードは、そういうものですね。
良くご存じのとおりです。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/201-a5cb079c
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック