FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/21 どこまで下がる?
ニューヨークが下げました。
日経平均の月曜日は、ギャップダウンが想定されますね。

そこから上昇するのか、下降するのか、
見てみないとわからないとしか言いようがありません。

しかし、下げるとしたらここまで・・・
上げるとしたらここまで・・・
というシナリオの一つ二つは描けると思います。

で、下降のシナリオは・・・

まずは、6月26日の安値8,620円付近。
寄付きで下回ることもあり得るので、まずは注目。

そして、そこを割れていくと、
次はボリンジャーバンドの-2σでしょう。
その周辺まででいったんは止まるだろうと想定できます。

さらにそこを一気に割るようなことがあると、
(割るときは、一気のことが多いのです。)
6月の最安値割れもありうる展開になります。

今、ボリンジャーバンドは、
幅が狭まっていくような推移になっています。
中央にある25日線に収れんしていくような方向です。

しかし、-2σを割っていくようだと、
再びボリンジャーバンドは幅を大きく広げるような
形になるでしょう。

「売り」が「売り」を呼ぶ形です。
売り方にとっては最高の展開です。
どこまでも下がっていくような形です。

可能性はありますが、
それはそうなった時に考えるとして、
ここは、いったん、-2σまでの下落を考えておきましょう。
「売り」の利確の目標はそこまでです。

一方、
上昇のイメージとしては・・・

今週苦しんだ25日線抜けが焦点でしょう。
昨日の足を上抜いて、さらにその上・・・

25日線を抜けてくれば、
それは一つの「買い」サインだと言えるのですが、
ちょっと・・・想定しにくいですね。

なので、やっぱり「売り」ですか。

相場の常として、何が起こるかはわかりません。
起きたことに対して、反応していくのがトレーダーです。

ですが、大きな目線は大切です。

大きな目線で相場を見る時、
「売り」と「買い」どちらが有利なのか?
どちらがより切羽詰まった状況にあるかが、
見えて来るからです。

今、苦しいのは、明らかに「買い方」です。
どこであきらめるかを真剣に考えながら、
とても悩みに満ちた日々を送っていると思います。

一瞬でも上昇の兆しが見えれば、
一気に手放す人が出て来るでしょう。
それでまた下がる。

すると、ナンピンする人も出て来るでしょう。
それでもだまされ、相場は下げていく。

今は、ちょうどそんな相場なのです。

「損切り」を怠った先には、
そういう不利な側の視線しか持てず、
大きな目線を得ることができない状況が待っています。

大きな目線がなくなれば、
トレードはギャンブルです。

ハラハラドキドキの世界になります。
神頼みの世界になります。

それがいやなら、今すぐにでも、
「損切り」をすることです。
(もちろん、チャートをよく検討したうえで。)

間違っていないと思います。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/202-8a9f2f5d
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック