損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
5/30 乗り切る、しのぐ、じゃない
日経平均、前場の下げを後場の上げで帳消し。

これだけきれいな行って来いならば、
うまく立ち回れたら、
まさにデイトレ日和だったろうと思いますね。

でも、当方はそううまくは回せず。
大した収穫もありませんでした。

利益として言えるのは後場のソフトバンクくらいです。
それでも、取れたからまだ良しとしましょう。

狙いも定まらず、どことなく不埒なスタンス。
買いと売りのどちらに焦点を絞るか、
完全には決めきれていないので、
ちぐはぐな感じが続いています。

えてして、こんなときに大怪我しやすくなるものです。

そう考えるなら、やらなければいいのだけなのですが、
それだとチャンスは捉えられません。
ただ、いつ来るかわからないチャンスを待つために、
大怪我のリスクも冒していくのかどうか。

要は、普段と同じ損切りをできるかどうか。
それだけなんです。

思惑通りにいかないときに、
単に損切りということで、いつも通りに対処できるのか。

それだけです。

冷静になって、こうして文を書いているときは、
「絶対にそんなことはするまい」と思っています。
しかし、相場を見ている中、単純に考えられるかどうか。

なまじスタンスが定まっていないと、
損切りした瞬間に、無理にドテンで仕掛けてみてしまったり、
そして、そこでの損切りができなかったり。

これは、経験なんだろうなと考えています。

単に損切り・・・
という経験(キャリア)をどこまで積めているか。

冷静でなくても、あたふたしていても、
きっちり損切りにこぎつける経験値が、
どうしても必要なんです。

冷静に考えて、損切りしない人もいます。
損切りすればよかった・・・というのは、ある意味結果論です。

結果論のトレードから脱却するには、
冷静さより、キャリアです。
そしてキャリアになるのは愚直さの繰り返しのみ。

相場は、乗り切るとかしのぐとか、そういうものではなく、
あくまで利益を取りに行く場なのです。

今更ですが、確認しておきます。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

次は、一目均衡表について書こうと思います。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/2028-f36ed9ee
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック