FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/22 真似をする
トレードがうまくなるにはどうしたらよいか?

第一にテクニカルの勉強は必要です。
これは、このブログ開設からずっと書いていることです。

しかし、それだけではうまくはならない。
トレードの評論はできても、実際には儲からない。

実際に儲かるためには、
実践を通じた、テクニカルへの深い理解・信頼、
メンタル面の脱皮が必要です。

ところが、これを一人でやろうとすると、
とてつもなく大変なのです。

「私の分析では、ここが仕掛けのポイントなのだが、
 本当に仕掛けていいものだろうか?」

「私の分析では、ここが仕切りのポイントなのだが、
 本当に仕切っていいのだろうか?」

「買い」「売り」「利確」「損切り」、
すべてのポイントで、テクニカルと自分の感覚との、
ズレを現場で経験していくことになります。

しかも、自分が学んだテクニカルが正しいかどうか、
そこに十分に信頼が置けるかどうかわからない中でです。

一人でできないことはない、とは思います。

でも、圧倒的に速いのは、
上手な人のトレードを真似ることです。

見たり、聞いたり、読んだりして、真似する。

理論を学ぶのではなく、
理論に基づいた実際のトレードを真似るのです。

「何円で買って、何円で利確した。」
「何年で空売りして、何円で損切りした。」

上手な人の、そういうトレード事例を沢山真似るのです。

これは、大変に勉強になります。
それだけで、凄く自信がついたりします。

大切なことは、そのトレーダーが、
「なぜ、そのポイントでトレードしたのか。」を知ることです。

テクニカルを学んだ人なら、
上手なトレーダーのトレードポイントは、
見てすぐ理解できるはずです。
「なるほど!そういうわけだ。」と。

そして、それが、
実に当たり前で、普通の、難しくもないポイントであることが、
わかるはずです。

「それくらい、オレでもわかるなあ・・・。」
「そこで売るのは普通でしょ・・・」
と。

そうなのです。
普通なんです。特別じゃないのです。当たり前なのです。
そういうシンプルなトレードを繰り返しているのが、
上手な人なのです。

それを目の当たりにすると、
テクニカル面でも、メンタル面でも、
とてもプラスになるところが大きいのです。

上手なトレーダーの方は、たくさんいると思います。
自分なりに是非探して、知り合いになりたいものです。

トレード学校に通えば、先生がいます。
そこで、いい先生が見つかれば本当に上達は速いでしょう。
ただ、先生は、いろいろな法的な制約もあって、
自分のトレードをそのまま見せてくれないことも多いです。
お金もかかります。

ならば、セミナーやオフ会などに参加してみる。
できるだけ多くのトレーダーと直に話してみる。
世間話からでもいいので、声をかけてみるのです。
自分の生き残り、勉強のためです。

そして、その中から、上手そうな人を見つけて、
できるだけトレードのことを聞くようにする。

私の経験では、トレーダーは無口・無愛想な人も多いですが、
その分、本心では「話したい」と思っている人が多く、
こちらから話しかけると、実によく話してくれます。
いい人が多いです。
(もちろん、真似るのは「いい人」じゃなく「上手な人」の
 トレードです。そこを間違えるとダメです。)

懸命になれば、
そんな場を自分で見つけられるようになると思います。

頑張りましょう。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/203-76d25d2e
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック