損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/3 どう見ても上昇?
昨夜のニューヨークダウは高値更新となり、
21,200ドルを抜けました。

これだけであれば、日経平均もさらなる上昇、
となるところですが、ドル円為替のほうが停滞。
円高に振れ気味で、日足のチャートだと、
いまだに75日移動平均線を抜け切れずにいます。

日経平均は、この為替の影響もうけて、
月曜日は、金曜終値付近から始まると思います。
CME日経平均先物だと、20,150円あたりの
終値になっていますので。

いったん抜けた2万円のラインは、
今度はおそらく抵抗ラインとして機能すると思います。
そこからはそうそう下げることはないのではないでしょうか。

少なくとも、市場参加者はそのように見通すことでしょう。
そのように見通すということは、
その見通しの下に仕掛けを考えるということです。
しばらくは市場は、上昇を意識した動きになるでしょう。

ただ・・・

この私ごときが、そう思っているということには、
少し留意する必要はあります。
「明らかに上昇相場」というときほど、
全体相場は逆に行ったりするのです。

そのきっかっけは、ちょととしたことなんだと思います。
しかし、いったん思惑が外れたときには、
皆が損をしたくないという意識と焦りに駆られて、
一気に株を手放してきます。

そんなことが起こらないとも限りません。
それはいつの相場でも同じです。

「明らかな」なんていうのは、相場にはないのです。
「どう見ても上でしょう」なんて、
そんなことを言う人に限って、儲かってない!!!のですよ。

そして、そんなことを言う人に限って、
損切りができません。

不思議なことですが、
相場の行方についての固定観念を持つ人が、
「絶対損切り」という固定観念は持たないものなのです。

どう見ても上だよね・・・。

そう思ったときには、同時に、要注意・・・なんです。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

一目均衡表解説、準備中。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/2032-55cf4fa7
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック