損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
6/9 上昇転換にはもう少しか
今日の日経平均だけだとまだ早いかなあと感じます。
一応、ローソク足の判断は上昇。
昨日よりも高値は高いし、安値も高く、
おまけに、終値でもプラスで100円超。

週初から、持ち合いと下降の足の連続でしたので、
週末になって、やっと上昇の足が出たという
格好にはなりました。
出来高も週末になって復活しています。

しかし、MACDをよく見ると、昨日デッドクロスしたまま、
回復はしていません。
小さいながらもトレンド転換・・・かというと、
そうでもありません。

相場全体として、スイングのチャンスを見出すには
まだまだ不足な感じがしますね。

朝方は、日経平均にダマされました。
寄付きからの上昇から下降。
そして、朝の安値割れでの空売り、と思って、
任天堂などに手を出したところ、ほぼ瞬殺。

一方で、DeNAは75日移動平均線をまたいでの、
ギャップの寄付き。
「これはいきなりの買い!」と思ったのですが、
空売りのほうに目を奪われて動けず。

さらに、ファナックも任天堂と同じで、ほぼ瞬殺。
NTTドコモは少しだけとれたんですけれども、
そのあたりで、売りは止めて買いにスタンスを転換。

しかし、時すでに遅し、という感じで、
前場の上昇にはうまく乗れませんでした。

後場は東芝などが踏み上げっぽいな動きになっていたので、
少しだけやってはみましたが、
これも十分にチャンスをつかめたとはいいがたい結果。

思うようには動けなかったな、と反省です。

やはりデイトレードは、朝方にうまくさばけないと、
展開が苦しくなりがちです。
決して焦ることはないのですが、
朝、うまく波に乗れると余裕もできてくるし、
自分の強みがうまいこと発揮されるようです。

こういうのは、メンタルとも言えないし、
あえていうと、「その日の調子」みたいなものかなと
思ったりしています。

まあ、調子のいい時もあるし、悪い時もあるし、
非常に不合理な感じはあるんですが、
それもやはり相場が完全にはわからないからだと
自分なりに納得しながらやっています。

高望みすることなく、いつもの調子で少しづつ。
これが、私にはいいようです。

今週もお疲れさまでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

別サイト「損切絶対主義」のほうでは、
いろいろな相談をいただいていますが、
整理していくと、やはり自分の手法に自信が持てない、
という方が多いようです。

それもそのはずで、本の手法でも自分の手法でも、
実際に相場でどの程度の実績が挙げられるか、
なかなか検証できないわけです。

特に、やり始めたばかりの方は、
どうひっくり返っても、成功体験は少ないですから、
自信が持てないのは当たり前です。

自信が持てないまま、トレードをやれば、
損切りのラインも、利益確定のラインも、
信じられずに、ずるずる失敗してしまいます。

そういう方には、まずは、この本です。

「維新流トレード術」

連日、おススメさせていただいておりますが、
やっぱり、いい本です。
期待して読んでも、期待せずに読んでも、
同じように効果は得られると思います。

具体的な質問があれば、私にお聞きしていただいても、
構いません。

/i>ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

私なりの一目均衡表の活用法をまとめました。
ご参照いただければ嬉しいです。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
コメント
コメント
またデイトレ挑戦
おはようございます。
お世話になります。

今朝もいい天気で気持ちがよいですね。

昨日(金)はスイングで保持していた株の手仕舞い、そして新規のデイトレと、なんだかモニターに釘付けとなり疲れが出たため、早くに寝てしまいました。

先月末に5日線オンで買った東海カーボン(5301)、上げてはいるものの前日までちまちまとした動きで、もう見切ろうかどうしようかと迷っていたのですが、昨日やっと大きく吹き上がってくれました。

それでこれ幸いと、日中足を見ながら、長い槍を突き刺したようなローソク足出現で、手仕舞いました。

前日も寄ってから20分ほどは元気が良かったのですが、その後は売られてしまい、期待外れで終わりましたから、今回もそのようになると困ると思い、勢いのある時にと、手仕舞いました。

その後は案の定利食いの売り等が入って下げ出しましたから、良かったとホットしました。

でもその後もチャートは見ていましたので、2時ちょっと前、上から株価、5MA、20MAと並んだ時に試しに少しだけデイトレのつもりで買いを入れ、引けで手仕舞ってしまいました。10円幅にもなりませんでした。

今回のデイトレでは、底を這って下値堅めをしていた一時間ほどの間の安値のすぐ下、640円割れをロスカット位置としました。


また、カーボンのスイングの手仕舞いとデイトレの間に、太陽誘電(6976)のデイトレもやりました。

こちらは先日のchinsukeさんのコメント通りの仕掛け方法でした。

9:48のローソク足で直近の高値を抜けました。そしてさらに、その間の保ち合いの上限であった前々日終値をも抜けましたので、エントリーしました。

そして、前日の高値に届いたときに出た実体に比べ長い上ヒゲ陽線と、その直後の長めの陰線による下げ、を目印に手仕舞いました。

仕掛ける際に考えたロスカット位置は、客観的にはやはり直近の安値割れ(12幅円)、うーんでもちょっと大き過ぎない?とも思いましたが、直前でカーボンで儲かって気が大きくなっていますので、まあいいかと、いささか甘い判断甘いかもしれませんが、それでやりました。

結果は、15円幅取れましたので、今日も勝利の女神が微笑んでくれたと、大喜びでした。(^^

まあ、カーボンも太陽電も上手くいったのは、日経平均が大きく上昇してくれたお陰だろうと思っています。やはり環境が大きな影響を与えるんですね。

これで手持ちの株もゼロになりましたから、週末、また来週仕掛けられそうな銘柄を見つけ登録しようと思っています。


昨夜のDAWは上昇、しかしNASDAQが大きく反落しましたから、デイトレで狙うとすれば内需株でチャートの形がよさそうな銘柄からの方が分がりそうな気もしますが、どうでしょうかね。

それでは今週もお疲れさまでした。

ブログ更新を楽しみにしています。
2017/06/10(土) 09:50:27 | URL | kabuto #QE0JeW2U [ 編集 ]
Re: またデイトレ挑戦
kabuto 様

お世話になります。
いつもコメントありがとうございます。

なかなかうまくやっておられるようで何よりです。

すでにやっておられるかもしれませんが。
自身のやり方で、うまく行っているときには、
何をどのようにやったのか、
事細かに、自分なりに記録を積み重ねていくとよいです。

どんな根拠で、どんな根拠で、優先したことがあるならそのことも、
できるだけ事細かなほうがいいです。

そうしていくと、自分のいいところと弱点も見えてきます。

一貫性がどこにあって、どこにないのか。
再現性があるのかないのか。

そういうことも理解できるようになります。

うまく行ったときほど、やったほうがいいと思います。
永続的なトレードのために、ご参考になれば幸いです。

また、よろしくお願いします。





2017/06/10(土) 20:28:42 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
おはようございます。
お世話になります。

いつもご親切なアドバイス有難うございます。

これまではトレードした銘柄は、うまくいったものもそうでなかったものも全てチャートをプリントして、それに何を見て、どう判断したのか、そのようなことを書いていました。

まずい仕掛けをしたようなケースで、過去のプリントアウトを見返していたなら、やはり同じような具合の仕掛けをして、結局失敗トレードに終わっていた場合が、ちょくちょくありますね。

過去の失敗が教訓となってないなーと、その時反省するのですが、時間がたつとまたやってしまっていたりもして、何度同じミスやってんだよー!、とその時は自分に怒鳴り散らしています。(笑

ついつい気分に流されたトレードをしてしまっている場合がありますので、治していかなければなりません。

客観的な根拠で仕掛けをしようとしているのかどうか、過去のケースを振り返り、常に意識し続ける必要がありますね。

ちゃんと過去を振り返って検証材料にし得るような、そのような記録を残していけるよう心掛けたいと思います。

どうも有難うございました。
2017/06/11(日) 11:57:14 | URL | kabuto #F7xMhtAg [ 編集 ]
Re: タイトルなし
kabuto 様

ご返信ありがとうございます。

トレードの振り返りは、すでにやられていたのですね。
チャートのプリントまでされているとは、
非常に参考になると思います。

反省ももちろん大切ではあるのですが、
特におススメしたいのは、
うまく行ったトレードの振り返りです。

相場は、基本的にわからないものなので、
失敗トレードと言っても、
本当に自分の失敗なのか、相場によるものなのかは、
なかなかわからないものではあります。

(仕掛けが最上のものでも損切りになることはあります。
 これは失敗とは言いません。)

大事なのは、自分で成功したと思ったときのトレードの推移を、
頭に刻み付けることです。
そして、それが、本当に自分のトレード手法によるものか、
単なる相場の偶然なのか見極めようとすることです。

繰り返していけば、だんだんわかってくると思います。

そして、仕掛けの段階で、
仕切りの計画も作れるようになると思います。

反省事例より、成功事例のほうが、
検討材料としては効果があると思います。

ご参考になれば幸いです。
2017/06/11(日) 16:16:38 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/2038-e337426b
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック