損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/16 いいチャートがない中で
今週の仕掛けのために、ざっとチャートを見ていってます。
しかし、なかなかこれはという私の触手が動くのがありません。

一つ一つ、それなりに見ていきますが、本当にないのです。
そんな中で、やっと目が留まったチャート。

塩野義製薬(4507)。

塩野義日足チャート
塩野義日足170714
(クリックすると大きくなります)

この銘柄は、ずっと上昇相場を続けていて、
グランビル法則で数えると、
昨年末くらいから、もう何度も高値更新しています。

なので、そろそろ下降してもいい・・・とも見えるんですが、
今回もきれいな下降カーブを描いてきて、
75日移動平均線を割ってきて、
そこから反発するような感じもあるのです。

まだ、再びの上昇の可能性ありと思わせるのは、
前の安値(6月安値)を割っていないところです。
それがために、いまだに上昇相場と言えるのです。

さらに、一目均衡表を見ると、
雲中に入ってはいるものの、ここから上に抜けられれば、
また上昇カーブに入りそうです。

塩野義日足一目均衡表チャート
塩野義日足一目均衡表170714
(クリックすると大きくなります)

どうでしょうか。

75日線の上昇角度は、すでに平らになってきているので、
ここから下降に入るシナリオも五分五分に近いくらいに
描けると思います。

しかし、6,000円を抜けたところで買い仕掛けで、
再びの大きな上昇波動を利益に変えていく、
というシナリオで見ていくほうが、魅力的じゃないでしょうか?

損切りラインは、7月12日の安値(直近安値)割れで、
どうでしょうか?

あるいは、6,000円を抜けなかった場合、
上に書いた直近安値割れで空売りを目論むのも、
悪くないと思います。

買いでも考えられるし、空売りでも考えられるというのは、
非常に狙いが絞りにくいと思うかもしれません。
しかし、75日線に絡めた仕掛けは、
そうなることも多いです。

特に、全体相場の方向性がわかりづらい時には、
こういう銘柄は仕掛けにくいものです。

でも、75日線近くの銘柄だからこそ、
いったん方向が決まれば、75日線から離れるように
動くはずです。
大きく動くことも期待できます。
だから、狙っていくのです。

まあ、やってみましょう。


ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/2077-0767da2b
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック