損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/23 千代建、IHI
日経平均は、大きな河の流れです。
日経平均の方向に反して仕掛ければ、利益が出るのに
時間がかかるし、準じて仕掛ければ利益が加速して出る
というものです。

仕掛ける銘柄がことごとく損切りになるというとき、
往々にしてこの大きな河の流れを考えずに、
仕掛けていることがあります。

あえて言うなら、大きな河の流れに即して仕掛ければ、
そうそう簡単に損切りになることはないとすら思います。

もちろん、個々のトレードではそれなりの確率で損切りに
なるものですが、
それでも、仕掛けのことごとくが損切りになるとしたら、
それはやはり何らかの問題があるのです。

日経平均が明らかに上昇相場に入っているときに、
空売りばかりを仕掛けていけば、
損切りになる確率は格段に高くなると思います。
自分は「空売り専門」だと思っていても、
全体上昇相場なのに空売り・・ということなら、
利益は積みあがりません。

仕掛けの時の前提は、まずは全体相場なのです。
そこを外せば、仕掛け効果は期待できません。

ところが今は日経平均の方向が曖昧です。
持ち合いのため、日によって進む方向が変わります。
今日は上げても明日は下げるという相場です。

こうなると、全体相場の力をどう考えればいいのか
わからなくなってしまいます。
どんな仕掛けでも、利益になる可能性もあると同時に、
損失になる可能性も同じようにある相場です。

どうするか?

こういうときは、特殊な銘柄、特殊な形を狙っていくしか
ありません。
教科書通りの銘柄は、教科書通りの銘柄が見当たらないし、
あってもどっちに行くか狙いが絞れないからです。

持ち合い時の特殊形で一番狙いやすいのは、
ボリンジャーバンドが狭くなった(絞れた)形なのです。

そうはいっても全体が上昇相場なら買いで、
全体が下降相場なら空売りで狙えます。
7月当初、うまいこと仕掛けていたのは、
そんな銘柄です。

今挙げられるのは、千代建とIHI。
非常に地味ですが、この二つ。
爆上げしたときに買い。

ただし、不発も想定できますし、
下への暴落も想定できます。

仕掛けるのは、あくまで爆上げしたときです。
爆上げしないのに、仕掛ければ、きっと外されます。
必ず損切りになります。

無駄な仕掛けはしないように、
予測ではなく、事実を根拠に仕掛けていきましょう。

明日からも頑張っていきます。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/2084-0b19d969
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック