損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
8/5 まだまだ粘る日経平均
8月に入ってから、記事更新の休みや遅れが
目立ってきています。
相場には集中しているのですが、
相場以外の時間を最小限しか取れなくなっています。
全くの個人的事情です。

そんな中でブログのほうも、できる限り自分のリズムを
なんとか維持していきたいと考えています。
所詮は自分の勝手な解釈を書きなぐるだけなので、
無理することもないなあとは思います。
でも、ここまで続けてきてもいるので、
書かないなら書かないで、あまりいい影響もない
と思ってはいます。

まあ、ともあれ頑張っていきます。

日経平均のほうは、7月から極端な持ち合いになっています。
7月下旬からは、
上向き75日移動平均線、下向き25日線の間での
上下動を繰り返しています。
ボリンジャーバンドは本当に狭くなってきました。

このまま行けば、
おそらく75日線がボリンジャーバンド内に入り、
25日線と75日線が重なるようになってきます。
日経平均は非常に動きにくい閉塞状態になります。

閉塞状態は、次の大きな動きにつながります。
爆発の形です。
究極の持ち合い放れを期待する状況になります。

外的には、ニューヨークダウが高値更新を続ける中、
ドル円為替は円高方向。
月曜日は、ダウの影響で日経平均も2万円抜けとなる
可能性が高くなっています。
しかし、その上昇も限定的になるのではないでしょうか。

これだけいろいろなサインが一か所に集中してくる中、
厳しい持ち合いはまだまだ持ち合いが続くと想定します。

このブログでも何度も書いているとおり、
基本的に持ち合いは個人トレーダーにとって地獄です。
少なくとも、トレンドフォローを旨とし、
正しい損切りと正しい利益確定で少しづつの利益を
重ねようとする私の手法にとっては地獄です。

いつものやり方では損切りばかりになるし、
仕掛けを増やすことはマイナスの蓄積につながります。

そんな中でも、常に仕掛けの種を探していくことは
怠りませんし、
少しでもチャンスを感じれば仕掛けていこうとはします。
しかし、それが非常に厳しいのだという状況認識は、
ベースにおいて進めているのです。

日経平均の日足チャートがこのような爆発形になるのは、
極めて異例なことです。

このことを、まずは胸に刻んだうえで相場に臨みます。

ルール通りのチャンスがなければ、
素直に「何もやらない」。

本当の様子見です。

ご賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

損切り絶対主義!
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/2093-f0583d29
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック