FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
8/1 売りの目線
本日の日経平均は、安値が昨日の安値より下でした。
高値も、もちろん昨日の高値よりは下。

下は「日足」の5日移動平均線で止まった格好ですが、
下げのローソク足が出て来たというのは一つのサイン。
ともあれ、下降という判断でいいと思います。

これが、急上昇後の単なる一休みなのか、
数日は続く下降トレンドの始まりなのかは、
今夜のニューヨーク、明日の相場を見てみないとわかりません。
が、今日、「売り」の仕込みをするのは「あり」だったと思います。
私も「売り」を仕込みました。

今日ニューヨークが続落し、明日、日経が5日線を割って行く、
というのが、今の私には望ましい展開です。

スイングトレードでトレンドを取っていきたいというときは、
「損切り」も深く構えます。
もちろん、その「損切り」が、
現実に十分ありうることを覚悟したうえでです。
(ここが大事です。
 大抵の人は、これを覚悟していないまま仕掛けるのです。)

そして、これも大事なのですが、
追撃のポイントも決めておきます。

できるだけ大きく利益を取りたいわけですから、
まあまあ利益が乗ったところで利確する、というよりも、
むしろ追撃です。

節目は探せばいくつも見つかるものです。

「売り」の場合は、「買い」と違って、
押し目での我慢がそれほど必要ありません。

また、ダマシも少なく、
節目では一気に大きく割っていくことが多いです。

ほとんどの人が「買い」の目線で株をやっているので、
株価が下がって、「やばい!」と思うような節目を割ると、
一斉に逃げの「投げ」が出て来ます。

その結果、「えーー、まだ下がるのか!!?」というところまで、
落ちてゆくのです。

つまるところ、
「売り」がはまると一気に利益につながるということです。

それが、「売り」の魅力ではあるのですが、
それゆえ、節目の追撃の逆指値が約定しないことも多いです。

「売り」の利益は、できるだけ引っ張りましょう。
簡単に利確しちゃダメです。
けっこう、それで後悔することが増えてしまいます。

トレードでは、取れる時にそれなりに利益を取っておくほうが、
当然のことながら有利です。

利益が取れるからこそ、
深い「損切り」プランも立てやすくなるのです。

利益の取れる「売り」目線が有利です。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/213-622fec42
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック