FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
1/2 利益が出ることが継続の力
2018年、
明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

ブログを続けて、もう丸6年が経ちました。
長かったといえば長かったのですが、
早かったといえば、早かったとも思います。

なんとか、こうしてブログを続けていられるのも、
トレードを継続してやれていることの成果です。
トレードを続けていなければ、
ブログも終わってしまいます。

そう考えると、ずいぶん頑張ったんだなあという
感慨も生まれてきます、

トレードを続けるには、それだけの資金が必要です、
そして、利益が出なければいずれ資金は底をつきます。
トレードは利益を出し続けなければ終わってしまいます、

なんだかんだ言っても、
儲からないトレードでは、続けられません。

儲かることは非常に大切なトレード継続の条件です。

ただ、問題はその儲け方。

一度に多くの利益が出るような儲け方は、
望んではいけません。
できるだけ、
小利を積み重ねるようなイメージを持ちましょう。

「株でひとヤマ当てた」というと
1回のトレードで大きな利益を出したというイメージ
なのですが、
それは、ほとんど仕組まれた取引です。
そうでなければ、一般人には味わえないような
偶然の産物です。

自分が株に関して「一般人」だと認識するなら、
1回のトレードで得るのは小さな利益でいい、
そして大きな損失を計上してはいけない・・・
ひたすらに、そうイメージすることです。
そして、ひたすらに同じようなトレードを積み重ねていくのです。

よく、「利小損大」はだめで、「損小利大」がいいなどと
言われますが、
私の場合は「損→小、利→小+α」といったところ
でしょうか。

このイメージ通りのトレードができれば、
トレードを主軸に生活していくことも可能です。
私も含めて、そういう人を何人も知っています。

一度、一定期間、利益を継続して出せるようになったら、
あとは、その手法をブラさないこと、
新しいことを採り入れないことが大事です。

人間は、一定のことを継続していくことが
あまり好きではないと思います。

おそらく、どんな人でも、
疑問を感じてしまったり、余計なことを考えたり、
わけもなくやる気がなくなったり・・・します。

小利のトレードを地道にかさねて行くことは、
結構に難しいことなんです。

だからこそ、十分に挑戦する甲斐があると思います。

今年も頑張っていきます。


賛同いただけたらクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/2219-9754689d
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック