FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
8/25 ニューヨークは戻したが
ニューヨークは、昨日下げた分を戻してきました。
安値も更新しましたが、高値も一応更新しています。
大陽線ではありますが、大きく見れば持ち合いとも言えます。

CMEの日経先物は9,110円あたり。

ということは、月曜日は少なくとも金曜の高値よりは高く寄る、
ということでしょうか。
金曜の十字線が、とりあえず転換点の役割を果たすわけですね。

しかし、本当にそこから上昇トレンドになるか?
それはわかりませんね。

本気の「買い」のポイントを待つとしたら、
もっともっと深く押してほしいものです。
少なくとも25日線くらいまでは下げてからのトレンド転換。
そこまで来て、初めてがっつりの「買い」だと思います。

なので、月曜日に反転したとしても、
そこがすぐさま「買い」の判断ポイントかというと、
そうでもありません。

上昇トレンドの判断をするには、木曜日の高値抜け、
つまりは9,200円抜け、
そして8月の高値を抜いていくことが必要でしょう。

ゆくゆくはそうなるんでしょうが、今すぐにそうなっても、
こんどは、高すぎて困ってしまう状態ですね。

要は・・・簡単に言うと・・・
やっぱり、ホントの「チャンス」は少ないってことです。

個別の銘柄でも、大きな上昇の時を待っているというのは、
チャート形に表れてきます。
そういうチャートの銘柄は、全体相場が大きく下げたとしても、
案外、大して下げずに頑張るものです。
そして、全体相場が上昇に転じた時に大きく跳ね上がる・・・。

できれば、その「大きく跳ね上がる」瞬間に買えたとすれば、
一番効率がいいわけです。

「仕込み」だと、跳ね上がるまでに、保持期間があります。
保持期間の間に「損切り」の目にあう可能性もあります。

かといって、大きな跳ね上がりを確認してから買うのは、全然だめ。
それは誰でもわかりますよね。。。

なので、「大きく跳ね上がる」瞬間がいいのです。

そこを捉えるためにも、
全体相場の分析、シナリオの想定が必要なのです。

「明日きそうだぞ」というのは、
日々の分析の中から生まれてきます。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/236-f5c408db
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック