損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
9/2 明日はまず見る
仕掛けられそうな都合のいい銘柄があまりありません。

昨日の記事で「売り目線」とは書いたものの、
じゃあ具体的な銘柄はというと、
「あんまりないなあ」というのが本音です。

今日は朝から地域のイベントに参加していて、
夕食を済ませてから、チャートを見直す作業をしました。

その結果が、「明日はとりあえず見ておこう」でした。

明日は、高く寄ることは想定済みですが、
そこからの場中、上昇する可能性も下降する可能性も、
同じようにあると思います。

その場合、個別銘柄の寄付きの様子だけから、
ポーンと仕掛けてしまうと、売りにせよ買いにせよ、
一瞬で「損切り」になるっことも多くなると思うのです。

最近の日経は、場中に大きく振れることがあります。
朝ならなおさらです。
入った瞬間に逆に振られて、
そのまま「損切り」ポイントを越えてしまう危険も大きいのです。

動きがわからないとき、とりあえず仕掛けるというのも、
ひとつのやり方ではあります。

しかし、本当にわからないなら、
まず一度動きを出させてしまってから、考えた方が、
うまく行くこともあります。

いったん上に振ってから、やっぱりチャート通りに下に行く・・・
まずは下にブレイクのダマシがあった上で上昇する・・・
みたいなことです。

そのダマシを、いったん見ておいて、
そのまま行ってしまったなら仕方なし、次のチャンスを狙う。
でも、戻って来て、本来の動きになるならその時仕掛ける。

日経平均も含めて、ほとんどの銘柄がわかりにくい位置に来ている、
ということは、そういうスタンスを要求しているような気がします。

仕掛けるとしても最小単位から考える。

まずは見よう、上に行くのか、下に行くのか。

それくらいのスタンスが、明日はいいと考え直しました。


↓↓ クリック頂けると元気が出ます!!
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/244-8be42c93
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック