FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
9/29 痛いと思わない余裕
トレードでうまくいくための重要な直接要因は、
「ルールを守る」ということですが、
じゃあ「ルールを守る」にはどうしたらいいのか?

一言でいうなら、
「痛いと思わない範囲で仕掛ける」ということだと思います。

これはまた、難しいことを書くといわれそうですが、
実際に難しいと思います。

お金というのは、ふつうは、命の次に大切なもの・・・
というふうに認識されるかと思います。
そして、増えることは単純にうれしいけれども、
理由なく減るようなことは非常に「痛い」のだと思います。
そして、誰でも「痛い」けいけんはしたくないものです。

だから、損切りが難しい。
そして、「ルールを守る」ができなくなる。

そういうことです。

トレードはお金のやり取りですから、
そのお金が大きくなれば、「痛い」の可能性も大きくなります。

だから、自分が痛いと思わない損切りの範囲、
というのが、その人のトレードにつぎ込める金額、
ということになのです。

例えば、1000円の株を200株買って、
ルール通りの損切りラインが980円だったとします。
この場合、損切りすると4000円のマイナス(手数料別)。
この4000円の金額が自分にとってどうなのか。
もし、「まあ痛くない」といえるなら仕掛けてもいいでしょう。

でも、「4000円は痛い!」というなら、
仕掛けは100株(損切りなら2000円マイナス)にしておきましょう。
(2000円でも痛いなら、この仕掛けは止め。)

痛いと思わない金額であれば、
損切りは簡単にできるでしょう。
ルールを守ったトレードもできるはず。

そうしてキャリアを積み重ね、
次第次第に「痛いと思わない金額」が大きくなっていく、
というのが理想でしょう。

トレードのルールを守るには、
痛いと思わない、心の余裕が必要なのです。

ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/2442-48d481d2
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック