損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
銘柄選びについて
銘柄選びは、チャンスを探す大変楽しい作業です。

私は、最低でも週に一度は、
東証一部銘柄のチャートを一通り見てみます。

チャートをひとつひとつ見ながら、
大きなチャンスが潜んでいないか探していく。
トレーダーとしては、大変わくわくする時です。

かなり時間がかかるのですが、
これをやるとやらないとでは、収支に大きく影響してきます。

注目するポイントは・・・

まず日足チャート。
数本の移動平均線と、ボリンジャーバンドを表示します。
これでだいたい、その銘柄のチャンスのありなしを判断します。
チャンスがなければ、どんどん次の銘柄に行きます。

ある銘柄で、チャンスがあるとみた場合は、
次に、信用残や逆日歩をチェック。
買い残、売り残に偏ったところがないか確認です。
たとえば、上昇中の銘柄の売り残が急増していたりすると、
「踏み上げ急騰狙い!発見!」というわけです。

そして、週足、日足の一目均衡表。
週足の移動平均線は、かなり意識されるポイントです。
日足や、分足のチャートで、
ある価格から上にどうしても行かないとき、
週足を見みると、13週移動平均線がそこにあったりします。
一目均衡表の雲や線も、支持や抵抗の役割を担っていることがあります。

以上を経たうえで、それでもチャンスあり!ならば、
分足や板も見てみます。
これで、その銘柄の値動きのスピード感や重さ軽さがわかります。

他にも、細かいことはありますが、
だいたい、こんな感じで銘柄をピックアップしては、
翌日のために株価ボードに登録しておき、
いつでも発注できるように事前にできることを整えておきます。

相場のある日の朝は、
慌ただしく迎えたくありません。
場に入ってしまえば、それどころではなくなります。

なので、できることはできるだけ前日にやるのが、
正しいスタンスです。

いつもいつも、当たり前の話ばかりで恐縮です。。。。。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/25-8c73059b
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック