FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
2/2 ニューヨークと日経
日経平均は、投資家にとって大きな風向きであり、
大きな河の流れです。
しかし、さらに大きな流れであるニューヨークダウの影響は
大きく大きく受けています。
それは、日本経済がアメリカ経済の影響を強く受けている、
ということの象徴です。

そのニューヨークダウは、現在75日移動平均線の上で推移。
そして75日線は上向きになろうとしています。

つまりは、ニューヨークダウは上昇相場に入ろうとしている、
ちょうど上昇の初動を展開している、ということができます。

であれば、日経平均も直にそうなる・・・と考えても
不思議はありません。
いや、不思議でないどころか、そう考えるのが自然です。

しかるに私は、空売りのチャンスであることを主張している。
いったいどういう分析をしてそうなっているんだ、
とこうなります。

私の考えは・・・
まず、日足のレベルでは、ここから上昇初動に入る可能性も
高いと思います。
でも、そうならない可能性もあるし、
ニューヨークダウの上昇初動がどこかでコケれば、
そこで日経も初動に入れずにコケると思っています。

また、週足のレベルでは日経平均は下降相場中。
月足のレベルだと、下降相場に入りかけている。
そう見ています。
ニューヨークダウも、その点はほぼ同じ。

つまりは、中長期的には相場は下降に向かっていると
判断しています。
日足レベルの短期でみれば上昇初動ではあっても、
長い目で見りゃあ下だなと。

日経平均が75日線を抜けて初動に入るなら、
その時は買いで仕掛ければいいと思いますが、
そこから買いの大相場が来るとも思わないのです。
(来たら来た時でいいじゃないかと。)

大きなチャンスというならむしろ空売りなんだと。
相場がちょっとコケたときにズドーンと下げそうな銘柄を
探していくのが、今は効率的なんだと。

そう考えているのです。

私の考えなど、その程度。
それ以上の深い洞察もありません。
そして、深い洞察など必要とも思っていません。

いくらスタンスを決めたといっても、
それはその時の相場だから、そう決めているだけであって、
相場が違うほうに行けば、ただスタンスを変えるだけ。
本当にそれだけです。

むしろ重要なのは、そのスタンスの場合に、
何をどう仕掛けるか、どう仕切るかという、
かなり具体的なプランを作るということです。

何度も書きますが、
私は評論家ではないし先生でもありません。
ただの実践家なのであって、
そこにこそ多少ともの自信を得ているだけのことなんです。

・・・いろいろ言われるので、念のため、書きました。

(日本代表は負けちゃいましたね・・・残念・・・。)


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト



コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/02/03(日) 11:28:23 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/2544-5138d824
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック