FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
3/6 「試し」なんてあるようでない
「試し買い」とか「試し売り」とか、
トレードの世界ではよく使います。
かくいう私も、よく使ってしまいます。

でも、考えてみれば、「試し」なんて、
相場ではできません。
できるのは、ただ単に仕掛けの単元数を減らすことくらい。
儲けが少なかったり、損失が少なかったりするだけで、
やっぱり仕掛けには変わらないのです。

「試し」なんて言ってみるのは自信がないだけの話。

うまくいったら、「ほら見てください!」と
胸を反り返らすのでしょうし
思った通りに行かなければ、「あくまで試しですから・・・」と
言っておけばいい、と。

要するに、「試し」という発言には、逃げの要素が
入っているなあと思うわけです。

そういう意味で、今日仕掛けた空売りは、
少量の単元でしたが、決して「試し」ではありません。
本気ではあります。

というか、トレードに試しも本気もないんです
全部、本気でしかない。
試しだろうが本気だろうが、ルール通りにやるのは同じだし、
実益や実害につながることも同じです。

試しだからといって、適当なトレードをやるなら、
その人のトレードは全部適当になります。
というか、おそらく、
本気のトレードに踏み込めないはずです。

いつも試しで大きな損をして・・・となってしまうのが関の山。

「打診」などという言葉も同じ。
「試し」と同義語。

これがまた、先生と呼ばれるような方々が
本当によく使う言葉なんです。

「貴方にとっての本気は、いつなんですか?」

常に、自分に問いながらやっていきたいものです。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/2568-6ae8c69c
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック