FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
4/7 上昇、持合い地獄
ニューヨークがじりじりと上げています。
少しづつですが高値更新しています。

日経平均も直近高値は更新していますから、
波動は持合いになっています。
日足でいったん下げの波動になった直後からの上昇。
まさに末広がりの持合いです。

持合いは、プロの投資家にとっては、
仕込みのチャンス。
しかし、素人の個人トレーダーにとっては地獄です。
更新の直後の反転というのが持合いですから。
ブレイクがダマしになり、チャンスがピンチになってしまうのです。

トレンドフォロー(順張り)の考え方は、
高くなるときにより高く買い、
安くなる時により安く売っていくというもの。
持合いでは、当然に利益が出てきません。

持合いの時は、基本的には我慢です。
順張りを続けていくと、損失ばかりになります。
それは別に失敗ということではなく、
単に損切りで終わるトレードが増えるということ。

いかにルール通りに損切りを繰り返しても、
それはそれでトレードのキャリアです。
恐れることもありません。
しかし、損切りが続くと嫌気がさしてくるトレーダーにとっては、
そういうときこそ要注意。

ついつい、損切りしないで頑張ってしまうとか、
普段はやらない仕掛けを思いついてしまうとか、
大失敗につながりかねない行動に出てしまったりするのです。

もちろん、持合いの時でもトレードのやり方はあります。
日経平均に連動しない銘柄を狙うとか、
逆張り的なやり方を採り入れるとか、
あるいは、売りも買いも両方やっていくとか。

ただ、正しく理解していないと、
それは「普段やらないこと」に違いはありませんから、
失敗を招くことにもつながるのです。

私も、トレードを初めて数年は、
そういう失敗を何度も繰り返していました。

トレードでは無理はしない。
個人トレーダーがプロのトレーダーと比べて有利なのはそこ。
やらない自由があることです。

持合いは、本当にやりにくいです。
やっぱり地獄なんです。


ご賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト



コメント
コメント
数年ぶりの空売り
たまに書き込みさせて頂くと、以前何という名前を使っていたのか忘れてしまって思い出せないので、その都度新しい名前になってしまっています。

さかのぼって見ていけば分かるんでしょうが、そこまでする気はしないので、悪しからず・・・

私も監視銘柄の中に保ち合っていた銘柄がありましたが、その中のひとつセブン銀行(8410)が、先週末、大きく下方向にブレイクしたので、引けで思い切って空売りを実行。

セブン&Iのニュースも最近何かと話題になっており、そこからの連想も。

幸い、今日は大きく下げましたから、仕掛けは成功だったかなと、胸を撫で下しています。

日足、週足とも、全ての移動平均線が順序よく下を向いてる中で、5期間移動平均線を大きくブレイクしたところを売ったのが功を奏したのかも・・・

果たしてあとは上手く手仕舞えるかどうかです。

最近はとにかく、前移動平均線の並びや傾き、そしてローソク足の位置をよく見ながら監視を続け、そして仕掛けるようにしています。

前回書き込みさせて頂いた三菱電機と三菱重工は、ともに株価が横並びになって本日陰線で下げたので、手仕舞い。

アドバンテストは本日3000円の節目に達したところで売りと買いがぶつかり合って綱引き状態。しかも上げだして8日目なので、これも短期と割り切って本日手仕舞い。

本日空売ったのは、五洋建設(1893)。
でも500円の節目は固くて反発を食らうことも十分考えられるので、超短期で。

では、自慢話に聞こえるかもしれないので、このへんにさせて頂きます。

どうぞ頑張ってください。
2019/04/08(月) 20:55:45 | URL | nuc #YKmFXCOY [ 編集 ]
Re: 数年ぶりの空売り
nuc 様

「たまに書き込み」なんていうレベルの話じゃないですよ。

「忘れてしまって」なんてレベルでもないです。

以前にも書きましたが、
私は仁義に外れた行為は、大嫌いなのです。

それを聞いて、何も思いませんか?

片方では持ち上げて、片方ではこき下ろして・・・
同時にそういうことを別名でするのを「仁義外れ」というんです。

だって明らかに「非道い(ひどい)」ですよね。

以上です。

すいませんが、今後はスルーしますので。





2019/04/08(月) 23:11:58 | URL | chinsuke #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/2591-55318b30
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック