FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
7/16 山は動かない
今日の日経平均は下げ。
先週からの持ち合い方向の踏襲でした。

こういうときには、無理して仕掛けに行かないことです。
買いだろうが売りだろうが、持合いの時には、
うまくいかずに損切りになります。

自分の狙った銘柄が、仕掛けのポイントに来たなら
いざ知らず、そうでないのに、
焦れて仕掛けてしまったら、必ず失敗します。

損切り自体は、何ら失敗ではありません。
でも、間違った仕掛けの結果の損切りは、
ただの失敗だと思います。

かつての黒澤映画「影武者」で、
武田信玄の影武者を演じた男(仲代達也)が、
家来を前に、できもしない戦局分析から、
出兵の是非を問われる重要判断の場面で、
一言だけ発するセリフがあります。

「山は動かない」

どういう経緯で、影武者たる男のセリフがこうなったのかは、
監督でなければ知る由もありませんが、
「風林火山」に見事に甲地したこのセリフに。
妙に「なるほど」と思った記憶が私にはあります。

そうなんです。
難しいときにこそ、簡単に動いてはいけないんです。
少なくともわからないときに動いてはいけない。
感情に任せて動いちゃいけないんです。

確かに、ケースバイケースです。
現実的には、そうなります。

しかしながら、古典的な名言も、
よくよく考えると、効果のあるものです。

深くかみしめておく余裕がトレーダーにあるかどうか。
余裕がないなら、トレーダーとしては無理があるなあ。
そう思います。

賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/2658-d256d216
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック