損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
9/25 仕掛けに躊躇
持ち合いです。
今日は、何もできませんでした。

前場は安く寄って上昇。
後場は下降と思ったら、今日の安値は割らずに反転。
最後は急上昇したが、高値まで行かずに大引け。

今日も、仕掛け銘柄を3つ4つは考えていたのですが、
結局最後まで仕掛けませんでした。

仕掛けのブレイクはあったもの、なかったもの、
まちまちでした。
しかし、ブレイクがあったものすら仕掛けに躊躇してしまいました。

持ち合いの時は、がちゃがちゃトレードすると、
全部「損切り」になってしまいます。

無駄に動くつもりがなく、
しっかりした仕掛けをしていても、
結局は「損切り」ラインに達してしまうものです。

そして、「損切り」した後、すぐにまた反転するのです。

まったく、ストレスのたまる相場です。
こんなときは、保持銘柄の「損切り」の逆指値だけ入れて、
寝ていた方がいいものです。

昨日までは、若干「売り」のほうが有利にも見えていたのですが、
今日でまたわからなくなりました。

日経平均は、9/14につけたギャップを埋めるのと、
25日線に向かうのを嫌がっているように見えます。

日経平均の指標を整理してみると・・・

●今日のローソク足は持ち合いだが・・・
 ⇒ 上から引くトレンドラインを抜いてきた。
●下にある75日線は上向き。   
 ⇒ 大きく見ると上昇相場。 
●下にある25日線はやや下向き。 
 ⇒ タッチしていくと割れそう。
●上から5日線がかぶさっている。 
 ⇒ 短期的には下げ。
●9/14のギャップ   
 ⇒ 埋めれば下、埋められないと上
●ボリンジャーバンド   
 ⇒ 今の位置だと指標性は低い
●一目均衡表  
 ⇒ 上昇相場を示している

ここから得られるのは、
「短期的には下降だが、大きく見れば上昇。」
というものです。

けれども、今夜ニューヨークが上昇して、
明日の日経が5日線の上から始まるようだと、
まずは高値を目指す上昇の展開になりそうです。

逆にニューヨークが大きく下降するなら、
下向きの25日線を一気に割っていきそうです。

どちらもありですね・・・。

何とも悩ましいところです。
デイトレにせよ、スイングにせよ、
なかなか難しい展開だと思います。

「何か仕掛けなければならない!」
というのは、あくまでこちらの都合です。

相場は自分の思い通りには動きません。

それを忘れず、冷静に構えることが大切だと思います。


クリック頂けると元気が出ます!!⇒ 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/267-eac56fa1
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック