FC2ブログ
損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
9/28 いつもの銘柄で素直な時に
まあまあ教科書通りの動きをしてくれる銘柄は、
とても重宝します。
トレードは、どんな銘柄でやったとしても、
結果が出ればそれでいいので、
一時期の私がそうでしたが、
ずっと1銘柄に絞ってトレードしたって構わないのです。

ただ、さすがに1銘柄だけだと、
チャンスの回数も少なくなりますから、
50~100銘柄くらいはなじみ銘柄を持っておいた方がいいのです。

そして、できるだけトレンドの出る展開が読めそうなときを狙って、
仕掛けていくのです。

「展開が読める」ということは、予測しやすいということ。
自分の思い描いたシナリオ通りに相場が動くと考えられるとき、
ということです。

本当にそんなときがあるのかどうかは、
実は何とも言えません。
どんなに予測しやすく見えても、逆に動くことは、
結構な確率で「ある」と思っています。

正確な統計は取れませんし、あくまでイメージでしかありませんが、
どんな場合であったとしても、上に行くのか下に行くのかは、
やっぱりそれぞれ5割くらいの確率なんじゃないでしょうか?
だから、ホントはどっちだっていい・・・という話に
なるのかもしれません。

それでも、仮に上に行く予測だったとして、
その日は下に行ったとしても、翌日に大きく上がるとか・・・
3日間は少しづつ下げたけど4日目に大きく上がったとか・・・
そういう意味で、最終的には5割以上の確率で上がる、
ということがあるんだと思います。

下げたときに、損切りラインまで下げなかったとすれば、
それで十分利益になっていきます。

持合いが措定されるときに仕掛けてしまうと、
なかなかそうはいきません。
本当に、五分五分の確率で損切りになってしまいます。

だから、まあ、
慣れた銘柄で、トレンドがどちらかに読めそうなときに仕掛ける、
というのがいいわけです。

今の日経でいうなら、上昇相場。
1回目の初動上昇が終わりかけており、
次の2回目の上昇がどうなるかが要注目の場面。
この2回目の上昇機会は、うまくとらえたいところです。

JT(2914)。
75日線からの大きな上昇を期待しています。
売りで見るのもありなんでしょうが、
ここは日経平均に敬意を表して買いですかね。


賛同いただけたならばクリックを!!⇒ 
元気になります。

自分の仕掛け、仕切りに自信がないなら・・・
「損切り絶対主義!」。
→ 損切り絶対主義!
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/2692-1220951b
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック