損切りこそトレード人生
損切りできなきゃ株トレードをやる資格はない。切って切って切りまくらなきゃトレードじゃない。
トレードと生活態度
この金曜、土曜、日曜。
新年会のラストスパートという感じで、
飲みすぎました。

特に昨日は、ほぼ記憶をなくすほど飲んでしまい、
本日の午前中は、まるまるグロッキーでした。

金曜日に、売りで銘柄を1つ持ち越していたので、
とても気にはなったのですが、
まあ・・・痛手を被ることもなく無事だったのが、
せめてもの幸いです。

しかし、大反省です。

トレーダーたるもの、
基本的な生活態度は守っていないといけません。

ストレスや欲望に負けた生活を送っていると、
適切なトレードはできません。

逆に言うと、そんな生活になってしまっているとき、
トレードをやってはいけません。
ほぼ間違いなく大きな負けを喫することになります。

デイトレードは、小さな利益を積み重ねる勝負です。
小さな利益でも、できるだけ確実に取るために、
いろんな計略を考えていないといけません。
さらに、それでも逆に行くことも多々あるため、
小さな損切りを積み重ねていくことも大切です。

そんな勝負の場に、ストレスとか欲望とか、
喜び、悲しみといった「人間らしさ」を持ち込むと、
プラスに機能することは、ほとんどありません。

機能するとしたら、確実にマイナス方向です。

むしろ、自分の「人間らしさ」を徹底して統御、排除する
「株頭」が必要なのです。

翌日に響くほど「飲みすぎ」ちゃうような人は、
トレードでも、「人間らしさ」を排除することなどできません。

「ついつい・・・」というセリフは、
トレードでは、命取りになる場合があります。
大きな損失を経験した人(私も!)には、よくわかることです。

どんな大きな損失でも、
最初はいつも、「ついつい・・・」なのですから。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kabuturbo.blog.fc2.com/tb.php/27-f23e6f97
この記事にトラックバック:する(FC2ブログユーザー)
トラックバック